忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Possession



1981)フランス
出演…イザベル・アジャー二
サム・ニール
ハインツ・ベネント
監督…アンジェイ・ズラウスキ
★★★☆


〔ストーリー〕
 数年間の単身赴任を終え、西ドイツの近郊都市にある自宅に帰ってきたマルク。妻のアンナの冷たい態度に愕然とする。やがてアンナは夜な夜な外出するようになり、結婚生活に疲れたこと、母親業から逃れたいこと、愛人の存在などをマルクに告げる。愛人の身元を突きとめたマルクはそこに押しかけるが、彼のほかにも愛人がいると聞かされて…


 「ポゼッション」 です。
イザベル・アジャー二という女優さんは、無邪気なのに悪魔的だったり、純真なのに奔放だったりと、複雑な二面性と謎めいた表情が魅力の人。白い陶器のような肌と澄んだ瞳が印象的です。「La Reine Margot」 「王妃マルゴ」 1994)では、尋常ではないその美貌とエロティックで一途な演技に、ひと目でファンになってしまいました。
そんなアジャー二を主演に迎えたこの作品、えーと…、ど~う書いたらいいのやら…
正直にいいます。

 だって、ぜんぜんわっかんないんだもーん!

 ストーリーはつまり、夫が単身赴任中に孤独な妻が狂気に冒されていくというものなんですが、それが妻の狂気によって生みだされたものなのか、狂気につけこんだ悪魔の仕業なのか、簡単には理解できない仕組みになっています。

 論理的な理解を拒む映画ってけっこうありますが、こちらは結末でほんとに 「ポカーン」 としてしまうすぐれもの( …と、呼ぶべきでしょうかね?)。
こういうの、監督の悪意っていうんでしょうが、観客への媚や歩みよりをいっさい無視した撮りかたってのも、ある意味潔くもあります。

 地下鉄の発狂シーンは、何度観てもすさまじいです。
女優さんてホントすごいですねえー、青いドレスは卵と牛乳でぐしゃぐしゃ、へヴィメタ少年みたいに頭を上下に振って、もう完全に悪魔つきといった体です。 「だれか、エクソシスト呼んでくれ!」 って感じです。リーガンよりも壊れまくってて不謹慎な感じがするのは、最後の堕胎にそんな意味がふくまれてるからでしょう。

 だって、自分の想像上の怪物をやっちゃうんだもんね、悪魔に魅入られちゃっても仕方ない!  

 針を振りきった演技ということにかけては、サム・ニールもけっこう負けてません。アンナに振りまわされる夫役がおかしくもあり、哀くもあり…
この人、どうしても 「カインとアベル」 のイメージが抜けないんですが、ホラーにもわりと出演してるんですね。カーペンターの 「In The Mouth Of Madness」 「マウス・オブ・マッドネス」1995)や、ポール・W・S・アンダーソンの
「Event Horizon」 「イベント・ホライゾン」1997)なんてのも。







嫉妬に狂ったマルクにDV
されちゃったアンナ。
それでもすたすた歩きつづけ
ます!





この後、アジャー二の針の
飛びまくった
演技がはじまります。





息子の先生のヘレン(アジャー二のふ
た役)。ここからえらくややこしくなるん
ですよ…






うわあ、なにコレ! 
うわあっっ!!!



拳銃をむけてるのはマルクです。
「エ? じゃあ、アンナのうしろの人
は…?」って、
あー、もう、
これだからややこしいの、
いったいなんなの!!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは、wataruです。
凄いぢゃないですか、ななみさん......こちらも是非参考にさせて下さいね♪

で、このポゼッション、僕トラウマなんですよね。
今だに何がなんだかサッパリ分らない映画ですが、あの「発狂」シーンは壮絶ですね。
そこまでするか!?という役者魂には感服しますけど、やり過ぎるのも逆に損かな、なんて思ったりも。しかし、黒のアジャーニはひたすら醜悪に、白のアジャーニはひたすら可憐に演じ分けていたのは、もう凄いとしか言いようがないですね。
wataru URL 2007/12/02(Sun)22:20:50 編集
WATARUさん♪
コメントありがとうございます~!!
なんといいますか、憧れの先生にテストの答案を見られちゃって、キャ♪みたいな気分です。
でも、ほとんどご覧になった映画ばかりですよね…うーん、今後はなんとかがんばってみます~。

わたしもこの映画、トラウマになってますよー。ラストシーンで、息子が浴槽にプカーンと浮かぶとこなんて、エ…?なんで?? と、ひたすらハテナマークで頭がいっぱいでした。ここまで観客を突き放した映画って、なかなかないですよね。

こんな趣味のページですが、よろしかったらたまに覗いてみてください。
しばらくはこんなふうに、ひっそりやっていきたいと思ってます。こちらからも、どうぞよろしくです♪
ななみ 2007/12/03(Mon)19:42:15 編集
????ですね
私もこれ????でした。考えてもわからないんですよね。そういう映画なんですよね(笑。タコが出てくるところだけはビックリしましたが。
ユキまま 2008/05/07(Wed)08:41:13 編集
!!!!なラスト
>ユキままさん
じつ~に不思議で難解な映画でした。理解不能です。といいますか、最初から理解させようって気はなかったんでしょう、あんた!! という映画ですよね…
無理くり理解した気になってみると、アンナもマルクも、互いによくない感情(嫉妬とか憎悪とか)に飲みこまれちゃって、フツーの軌道を外れてしまった…みたいな内容ですかね…? それで、子供はその犠牲になっちゃった、みたいな…(ちょっと自信ないですが…)
ななみ 2008/05/08(Thu)00:00:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< American Psycho  | HOME |  The Mangler >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃