忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  Gothika


2003)アメリカ
出演…ハル・ベリー
ペネロペ・クロス
ロバート・ダウニー・Jr
チャールズ・S・ダットン
監督…マシュー・カソビッツ
★★★


〔ストーリー〕
 ウッドワード女子刑務所の精神病棟に勤務する女医のミランダは、女囚クロエの担当をしていた。悪魔に陵辱されて父を殺したと主張するクロエは、なかなか改善の余地を見せない。そんなある日、帰宅途中のミランダは、豪雨のなかで危うくひとりの少女を轢きそうになる。少女に駆けよった瞬間、彼女は炎に包まれて…
 そして気がつくと、ミランダ自身が勤務先の精神病棟に収監されていた…!


 「ゴシカ」です。
〈ダーク・キャッスル・エンターテイメント〉 のなかでも地味なイメージのこの作品、予想どおりの可もなく不可もなくといった印象なんですが、物語として骨組みがしっかりしているので、まずまず楽しめました。

 ハル・ベリーとペネロペ・クロスの二大美女が共演しているという触れこみなんですが、セクシーさを期待してはいけません。ハル・ベリー演じる精神科医、知的な雰囲気なんですが、〈007〉シリーズや「キャットウーマン」(2003)で炸裂していた魅力はどこへやら、かなり地味な女医さん役です。ペネロペも、おなじような雰囲気なんですよねー。
 
 さて、地味なお医者さんのハル・ベリーが、ある瞬間から突然立場が逆転、いままで勤務していた精神病棟に入れられてしまいます。アイデンティティーを揺るがす 「不条理」 ですね。細い骨格にギョロ目を見ひらいて、暴れまくるハル・ベリー。おまけに幽霊が見えるようになってしまう。
 
 幽霊の描写の仕方というと、いっとき 「J ホラー」ともてはやされたパターンがおなじみですが、わたしはあれが、どうも苦手なんです。 …いえ、悪くないんですよ。たぶん、好みの問題なんだと思います。 亡霊が物質的ではない、“感覚で察するもの” ということはわかるんですが、あれをやられてしまうと、一気に醒めてしまう… どうも、こけおどしに見えてしまうんですね。

 しかし、本作の幽霊、東洋と西洋の方法論がうまくミックスされた感じで、なかなかスリルがあります。もうすこし派手さを抑えてくれれば、リアリティがもてたかもしれません。
 
 サスペンス要素たっぷりで、物語もスリリングに展開するんですが、驚愕するような技巧はありません。 が、ラストまでひっぱる牽引力は健在です。

 結末がナイトシャマランの 「The Sixth Sense」「シックス・センス」1999)のようなリアリズムで、こういった余韻は心地いいですね。










目覚めるとそこは、精神病棟!






ミランダの夫で上司でもある
Dr.ダグラス(チャールズ・S・ダットン)。





クロエ(左ペネロペ・クロス)と
はじめて心を通わすミランダ。
ペネロペも地味な役なんですが、
傷ついた少女にしか見えません。






壁に殴り書きされた
「Not Alone」の
血文字の意味とは…?







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
これは後味が悪かったです。
少女が「レイ○」されるのはダメなんです。お馬鹿な若者がサクサク惨殺されるのは大歓迎なのですが。
奈良の亀母 2007/12/07(Fri)12:03:14 編集
亀母さん♪
うーん、こういうの、苦手な方多いようですね。深刻すぎちゃうんでしょうか…?
ペネロペ・クロスは、「オープン・ユア・アイズ」ではじめて見たとき、世の中にはこんなキレイな女性もいるんだなーと、えらく感心したんですが、本作の彼女はすごくフツー(笑)。
でも、わたし的にはアリでしたよ。
ななみ 2007/12/08(Sat)14:42:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃