忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  E tu vivrai nel
       terrore- L'aldila


1981)イタリア
出演…カトリオーナ・マッコール
デヴィット・ウォーべック
アントニー・セイント・ジョン
監督…ルチオ・フルチ
★★


〔ストーリー〕
 1927年、ルイジアナ。〈セブン・ドアーズ・ホテル〉 に滞在してした画家シュワイクが、突然町人たちのリンチに遭い、惨殺された。それから54年後、叔父の遺産としてホテルを受け継いだライザは、営業再開にむけて改修工事を進めていた。しかし、事故が発生して思うようにはかどらない。塗装工が原因不明の転落死をしたり、水道屋は壁から出てきた手に襲われる。隣家の盲目の女性エミリーは、ライザにホテルを去るように忠告するのだが…


 英語名は 「The Beyond」、邦題ではルチオ・フルチの 「ビヨンド」です。
ストーリー紹介をしましたが、じつはなんの意味もありません。この作品、なにからなにまで意味不明です。しいていえば、ショッキングシーンの連続といったらいいでしょうか。

 ルチオ・フルチという監督が日本で知られるようになったのは、マカロニ・ウェスタン全盛期の「真昼の用心棒」(1966)からでしょうか… しかし、当時からマカロニ仲間たちのあいだでも、ワンランク下に思われていたようです。フルチというと、やはりあげられるのは、二番煎じ、アイデアの模倣、徹底したエスカレート描写。

 この作品にしてみても、ショックを受ける場面もひたすらバッチくてキチャないだけ。
ロメロのように社会的メッセージがあるわけでもなく、アルジェントのようなうつくしさもない。
それでも、なぜか日本人には人気のある監督さんです。
その理由というのも、やっぱりさきにあげた、徹底した残酷描写にあるようです。
 
 本作でも、それが遺憾なく発揮されてます。
例をあげますと… とある男性が、図書館で怪事件の謎を解明しそうになるシーンなんですが、この男性、不幸にも梯子が倒れて身体を床に打ちつけてしまいます。すると、どこからともなくクモ(タランチュラ!)があらわれて、男性に襲いかかります。目玉を チュル~っと、吸っちゃうのです。「…アァ、ウアァァ…!」 なんて呻いてるひまがあったら、さっさと目を閉じりゃいいのに、(ついでに、タランチュラって毒性弱いクモなのに~!!)、

 でも、ここでだれもが不思議に思うのは、

なぜ、クモなのか?
なぜ、クモが目玉を吸うのか??

だけど、同時にフルチ監督がこういってるのも聞こえるんです。
「さーあ、つぎはクモだよっ!!」 
この声が聞こえてきただけでも、ホラー・ファンとしてはうれしくなってしまうではあーりませんか!

フルチ監督は1996年、糖尿病の合併症により亡くなりました。享年69才。

 映画としてはほんと、最低の出来です。ストーリーもへったくれもありません。でも、過剰なまでのグロテスクと徹底したアンチ作家性で、独自のポジションを築いたといえるのでは?









地下室で発見された腐乱死体。
ほんと、見てるだけで「えんがちょ!」
って感じです(笑)。




 
盲目の女性を演じるサラ・ケリー
(現シンツィア・モンレール)。




(やる気のない)ゾンビさんたち。
こんなふうに、いろんな引用が
あちこちに見られます。




ラヴクラフトばりの壮大な
大風呂敷を広げましたが、
結末やいかに。











                         タランティーノもお気に入りのフルチ監督
                                                         






 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< The Howling  | HOME |  Gothika >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃