忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Drag Me To Hell



(2009)アメリカ
出演…アリソン・ローマン
ジャスティン・ロング
ローナ・レイヴァー
監督…サム・ライミ
★★★☆


〔ストーリー〕
 銀行の融資係として働くクリスティンは美人で性格もよく、成績も優秀。おなじ銀行員の恋人のクレイは御曹司で、身分のちがいが唯一の悩みだった… そんなある日、彼女の受付窓口にミセス・ガナッシュという老婆がやってくる。老婆はローンの返済期限の延長を頼みこんできて、あまりに必死な様子に、クリスティンは一度は検討してみると答えるが… 上司に相談して、結局は断ることに。しかし、このことが老婆の怒りを買ってしまい…!!


 なにがこわいって~、逆恨みほど、おそろしいものはないわけでして~!!
サム・ライミの新作です。かなりこわいんですけど、妙に笑えるホラーです。

 サム・ライミが原点回帰して撮ったホラーということですが… なんというんでしょう、思っていたよりも、ずっとまともな映画でした。
 えーと、テーマが 「呪い」 というと、まっさきに思いつくのが、キングの 『痩せゆく男』。設定とキャラが変わっただけで、こちらの作品もおなじように進みます。海外の呪いって、こういうイメージなんでしょうかね? それとも、キングの影響力がよほど強いのか。

 ストーリーは、銀行の融資係として働くクリスティン(アリソン・ローマン)のもとに、醜悪な老婆(ローナ・レイヴァー)がやってくるところからはじまります。このローナ・レイヴァー演じるミセス・ガナッシュが、とにかくキチャない! ばっちい! とんでもない理由で逆恨みするうえに、やたらめったら強い!!

 老婆はお金に困っている様子で、ローンの返済期限を延ばしてほしいと、クリスティンに頼みます。彼女の必死な様子に、クリスティンは心を動かされて、上司に相談してみるのですが… でも、結局は断ることに。すると、今度は土下座までしちゃって、スカートにキスしてくるではないですか!! ひえー、「やめてください!」 びっくりして、思わず守衛を呼んでしまうと、老婆は呆然としながら、「よくも恥をかかせたわね…」(← って、自分から土下座したんじゃないですか~!)

 こういうことって、現実にもよくありますよねー。とくに客商売なんかは、こんな理不尽な理由から恨みを買ってしまうことが多々あるわけでして… 
 クリスティンの場合も、この事件が原因で、とーんでもなくおっそろしい呪いをかけられちゃうわけです。この呪いというのが、すごく強力でして、じっさいにこんな目に遭ったら、確実にチビッちゃうと思います。それくらいこわいです。ですが、その呪い以上にこわいのが、やはり老婆!

 どんな容態なのか簡単に説明してみますと、片目が白内障にかかってまして、入れ歯のはずなのにガタガタの歯並びで、デモンズみたいな黄色い爪を伸ばしてて、見るからに邪悪なオーラがただよってます。それで、力も強いし、打たれ強い! 不死身なんじゃない? というくらい、何度でも起きあがってきます… あ、呪いをかける以前に、こんなプロレスシーンがあるんですね。というのも、呪いをかけるのに、「ある必要なこと」 があるんですが… あ、んまり書かないほうがいいですか。
 
 ヒロインのクリスティンを演じるアリソン・ローマンが、かわいくて美人で性格もよくて、不運な災難が降りかかってしまうキャラがよく似合っています。恋人のクレイに
ジャスティン・ロング、クリスティンに力を貸す占い師のラムにディリープ・ラオ。

 さすがライミ監督、映画としての完成度が高いです。きっちりしてます。オープニングもショッキングだし、盛りあげ方もうまいし、クライマックスもそれなりに興奮するんですけど… でも、なぜにこんなに笑えちゃうのか? やはりライミ監督だからか!

 …まあ、とりあえず、みなさんもご覧になって判断してみてください。このバアさん、ほんとすごいんですよ。こんな強かったら、お金がなくても暮らしていけそうですが… それをいっちゃおしまいですか。それから、交霊術のシーンに登場する〇〇がまた、笑えます。でも、かなりこわいお話ですよ。



 
 







クリスティンを演じるアリソン・ローマン。
美人薄命といいますが…







ひいぃぃ、これ以上大きな
画像を載せられません。
すみません。
ごめんなさい。
こっち見ないで。







あーっと、
ガナッシュ選手、
うしろをとった!









今度はガナッシュ、
寝起きを襲います!!










恋人のクレイと。
やさしく相談に
乗ってくれますが…



占い師のラム。クリスティンの手相から、なにを知るのか…??







                

おひさしぶりです、ライミ監督。
もっとホラー撮ってください。
あ、コメディでもかまいません!  






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
サム・ライミ
今月の「映画秘宝」にもコラムがありました。サム・ライミの久々のホラーですね。ちょっと期待です!
クロケット URL 2009/06/04(Thu)01:17:11 編集
安心して見られそうな
ホラーですね。ライミ監督だからちょっとブラックユーモア入ってるのかしら?
キングの『痩せゆく男』は原作も読んだし、映画も見ました。題名通りどんどん痩せていくだけなんですけど、怖い呪いです。原作の方がよかったかな~。
最後に痛烈な皮肉が利いてて。
ユキまま 2009/06/05(Fri)00:20:42 編集
観ました!
私も観ましたよ! アメリカでは先週封切でした。
老婆の悪臭がこちらまで臭ってきそうな迫力でしたね。 隣の高校生男児達は大爆笑してました。
サム・ライミがホラーに戻ってきてくれたんで、今度は巨匠ピーター・ジャクソンなんかも、昔のようにバカ・ホラーをまた作って欲しい、なんて思いました。 
Syco URL 2009/06/05(Fri)00:39:41 編集
スパイダーマンだけじゃない
>クロケットさん
これは期待通りのおもしろさでした。
ヒロインの女の子もかわいいし、演出も派手で、なかなか楽しい映画です。バアさんがとにかくすごいです!!
どうすごいのかは、観れば納得していただけると思いますが…まあ、とりあえず笑えますよ!
ななみ 2009/06/06(Sat)20:33:38 編集
そうですね、
>ユキままさん
わかりやすいホラーをしていて、あっという間に時間が過ぎてしまう作品でした。
『痩せゆく男』は、悲観的なラストがいい味出してますよね。バックマン名義では、この作品がいちばん好きかもしれません。
キングは痩せていくだけですが、こちらはさらに強力な呪いです。老婆パワーもすんごいですよ、もう!!
笑っていいのか、こわがるべきなのか…??
でも、非常に楽しい作品です。
ななみ 2009/06/06(Sat)20:40:04 編集
ライミ仲間が!
>Sycoさん
Sycoさんもご覧になられましたね!
いやー、あの老婆はほんとにおそろしかったですよね、いろんな意味で!!
銀行で入れ歯を外すシーンなんか、見るからにきちゃなかったです。あの女優さんも、そうとういい演技をされてましたよねー。
高校生が爆笑するのもよくわかります。わたしも笑っちゃいました。ときどき顔をしかめてたとも思います。
ピーター・ジャクスンですが、なんか、ホラーを撮っている最中みたいです。ええと、ホラー…ですかね?
右端の「District 9」というポスターが、その作品らしいんですが…詳細はまだよくわかりませんけれど。
ななみ 2009/06/06(Sat)20:46:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Ryeong  | HOME |  Peur(s) du noir >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃