忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Susuk


(2008)マレーシア
出演…ダイアナ・ラファー
アイーダ・ネリナ
アドリン・アマン・ラムーレ
監督…ナイム・ギャリリ
アマー・ムハンマド
★★★



〔ストーリー〕
 とあるのどかな田舎町。湖のほとりで遊んでいたふたりの少年が、全身の皮膚を剥がれた女性の遺体を発見する…!!
 そして、場所は変わって深夜の病院。看護婦のソラヤは、スタッフたちに内緒で入院患者に歌をうたって聞かせている。じつは、彼女の夢は歌手として成功すること。しかし、才能はあっても環境に恵まれていないソラヤは、暴力的な夫を持つ姉家族など、さまざまな問題を抱えていた。そんなとき、同僚女性が歌のコンテストに優勝、その華々しい様子がテレビで放映されるが…


 つい最近観たボリウッドの「13B」(2009)が思いのほかおもしろかったので、調子に乗って、今度はマレーシア・ホラーに手を出してしまいました。これがまた、おもしろいの、よくできているのって!! うれしくなってしまって、レビューで~す。

 これまで、メイド・イン・ホラー先進国な映画しか観てこなかったんですけど、諸外国のホラーも出来がいいものがあるんですね。こんなに優秀だったとは思いもしませんでした。

 ごく最近、「Hisss」(2009)というボリウッドの新作が話題になっていますが、タイトルがちょっと似てますよね。マレーシア映画かあ… マレーシア・ホラーといわれても、だれもがぴんとこないはず。でも、毎年たくさんの旅行者が訪れる国なんだから、当然商業ベースの映画産業が成り立っているわけで… そこで、ホラーが製作されていても、全然おかしくないわけで。

 マレーシアといいますと、マレー系、イスラム系、中華系、インド系といった、「複合民族国家」 なんですよね。言語も入り乱れています。そのため、文化的に発展しにくい状況でもあるんですが、ここから大量の映画が作られる理由にもなっているようなんです。
 民族や宗教が統一されていないことは、やはり映画が発展するうえでの障害にもなります… が、そこに偶然おもしろいものが生まれちゃうのも事実なんです。

 アジアン・ホラーというと、どうしても、呪いとか、幽霊とか、過去の因縁とか~…、ジメッとした、抽象的な恐怖が描かれることが多いんですが。この作品もそんな内容なんですけど、複雑な国家を象徴してるみたいに、いろんなベースが組みこまれているのがまずおもしろいかも。

 冒頭、湖のほとりで、全身の皮膚を剥がされた赤むけの女性遺体が出現!!
 ギャ~、なんかまるで、フルチ監督みたい! と、思っていましたら、舞台は変わって深夜の病院。ヒロインの看護婦、ソラヤ(ダイアナ・ラファー)の登場です。
 じつはダイアナ、スターを夢見る女の子。カマル(ガムビット・サイフラウ)というやさしいボーイフレンドもいるのですが、姉の夫はDVだったりと、シリアスな問題も抱えています。そして、歌をどうしてもあきらめることができません。

 もうひとりのヒロインは、スターのスザナ(アイーダ・ネリナ)。スザナの側にはいつも、デュクン(アドリン・アマン・ラムーレ)という不思議な男性がいます。どうやら彼は、彼女のことを守っているようなのですが…

 呪い系かも、といってしまいましたが、よく考えてみたら呪いではないですね… えっと、個人的な呪いではないです、という意味です。
 オープニングがフルチっぽくて、舞台が病院に移って、やっぱりアジアンか~… などと思っていると、急にジャーロっぽくなってみたり! 殺害シーンがスタイリッシュに工夫されています。これは見るからに、アルジェントの影響が色濃いです。あと、無駄に鳥の羽根が舞ってます。けして嫌いじゃありません!

 ストーリーが思っていた以上に複雑でして、こういうのは欧米ホラーにはなくていいですよね。残念なのは、メイクがあまりに稚拙すぎ。ナイフでブスブスやってみたり、生首をもいでみたりと、けっこうがんばってるんですけど… ここさえ気合が入っていれば、かなりおもしろいホラーになったと思うんですけど。
 ですが、こういうストーリーは好きです。ホラー好きにも納得の内容だと思います。












ヒロインのソラヤ
(ダイアナ・ラファー)。







花びらを浮かべた
浴槽で、身を清める
美女…
このあと、なにが?









歌手のスザナ
(アイーダ・ネリナ)。









スザナとデュクンの会話
に出てくる、「ススク」
の意味とは?












この男性がススク
なのでしょうか…??







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃