忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Dr. Giggles



1992)アメリカ/日本
出演…ラリー・ドレイク
ホリー・マリー・コム
グレン・クィン
監督…マニー・コト
★★☆



〔ストーリー〕
 自分のことを医者だと思いこんでいる危険な男・エヴァン(ドクター・ギグルス)が、看守3人を殺害して精神病院を脱走。故郷のムーアハイに帰ってくる。じつは、エヴァンの父は、ムーアハイの元名医。妻を心臓病で亡くしてから、すこしずつ狂気に侵されていった…
 そのころ、おなじ町に暮らす少女ジェニファーは、再婚した父とうまくいかなくなっていた。ジェニファーには心臓疾患があり、手術を決断しなければならないのだが…


 邦題「Dr. ギグルス」です。
主演は
「Darkman」「ダークマン」1990)の悪役で、指チョッキンが趣味だったラリー・ドレイク。彼がステキなサイコ・ドクターを演じてくれています。

 サイコなお医者さんが主役だと聞いただけで、ワクワクしてしまうわたしですが、感想から述べさせていただきます。コレ、おとなしすぎます。なにより、良心的すぎなんですよねー!

 お医者さんの道具って、いろいろあってコワいじゃないですか。そのへんもまた、見どころのひとつになりそうなものなんですけど、この作品の場合は、すっごくまとも(?)に撮りすぎちゃってるようです。
よくわかんないギラッとした道具が出てきて、「…キャアー、(ドキドキ!)、どうするの? どうするの…?」と、盛りあげておきながら、つねに不発…(悲)。

 ドクター・ギグルスはどうかといいますと、かなりイカれた人物です。(精神)病院内でも大人気です。ほかの(精神病)患者にあれこれ説明しながら、看守をひとりさばいちゃったりするんですが、なんといっても特徴が、ンフフフッ…! ムフフフフフッ…!と、始終クスクスひとり笑いするところ。これが妙に愛らしく、また、表情もあり、キャラとしてはすごく立っていると思います。

 ギグルスのプッツンは父親譲りで、ある意味カワイそうな少年時代が起因しているわけですが、このあたりの思い出話もまた、けっこう魅力的です。あまり深くは書けませんが、筋金入りのアブナイ子なのですよ。この、筋金入りの変態プッツンお医者さんが、心臓病をかかえた美少女を追っかけまわすという、なんともステキな設定です。

 バックグラウンドもよし、設定もよし、キャラだってバツグンにいいのに、なぜあまり盛りあがらないのー?? …それはやっぱり、まともすぎるから!!

 調べてみましたら、この監督さん、「アウター・リミッツ」「ヒッチコック劇場」「オデッセイ5」「24」なんてテレビシリーズを担当している人でした。ようするに、ホラー映画の撮り方がよくわかんなかったんですねー。

 惜しい… とにかく、惜しいなあ! 

 後半には、お医者さん対お医者さん(← もち、ギグルスですよ)なんて新味な構図もあるし、鏡の迷路に迷いこむというカーニバル要素もあるし、ビッチな女の子も出てくるし、ママ母もビッチだし、この手の話はいくらでも、楽しくできそうな可能性がたくさんあるんですが!  
…ああ、でも、いくぶんパワーが(ゴアでもいいけど!)足りないようです…
続編が作られたかもしれないのにと考えると、役者さんにはちょっと気の毒ですね。

 でも、B級ホラーとしての安心なレベルには当然達してますし、ラリー・ドレイクのお医者さんごっことキモかわいいひとり笑いで、まあ、いっか という気分にはなれますけどね。



 




(← イカした表情しています!)
「ん~ どれどれ、舌がちょっと
おかしいようだねー…?」







ギグルスのターゲットになっちゃう
ジェニファー(ホリー・マリー・コ
ム)と、恋人のマックス(グレン・
クィン)。







ギグルスの子供時代。
こんなにカワイイんですけど、
そうとうイッちゃってる子です!









← その30年後)
ンフフフフッ…! 
さあ、手術の時間だよ~







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃