忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   A Nightmare on 
          Elm Street 
      Part 2: Freddy's Revenge

  
1986)アメリカ
出演…マーク・パットン
キム・マイヤーズ
ロバート・ラスラー
監督…ジャック・ショルダー
★★★



〔ストーリー〕
 新しい家に引っ越してきて以来、毎晩のように悪夢にうなされる高校生ジェシー。
友人のグラディがいうには、以前住んでいた少女がボーイフレンドが殺害されるのを目撃して、気がふれてしまったのだという。恋人リサと部屋の片づけをしていると、クローゼットの棚から日記を発見する。そこには、ナンシーという名の少女が体験したおそるべき出来事が記されていた…!


 「エルム街の悪夢2/フレディの復讐」です。
監督さんを調べてみたら、なんとこの方が「Alone In The Dark」「ジャンク・イン・ザ・ダーク」1982)を撮った人だったんですね。この映画、精神病患者の殺人鬼たちがたいへん個性豊かで、大好きです 本作の2年後には、「The Hidden」「ヒドゥン」1988)なんて快作も送りだしてます。

 「エルム街の悪夢」シリーズは、それぞれの監督さんが個性と才能を発揮した大成功例です。もともと “夢” という意味深なテーマの、多様なアレンジのきく内容のため、シリーズもののなかでも出色の出来だと思います。シリーズものでこんなに充実しているものって、なかなかないんですよね~。参加した監督さんも全員出世しました。ホラー好きの方は、すべて必見ですよ!

 さて、本作は、男の子が主役です。
(ここでガクッとなさらずに、丁寧に見ていきましょう!)
ジェシー演じるマーク・パットン、アメリカ式にいうなら、なよっとしたタイプの高校生です。これが十代の少年の性的妄想や不安なんかを表現するのにぴったりで、毎晩汗びっしょりになって目覚めます。すると、そこにはフレディが…!

 ジェシーの性的妄想のいちばん端的に思える部分は、恋人リサの存在ではなく、コーチのシュナイダー。ゲイ・ファッションに身を包んで、ジェシーをしごきます。そのあとは、お約束のシャワーシーンです。これって、「自分はもしかしたら、ホモっ気があるのかもしれない…」っていう、男の子の不安そのまんまの展開ですよね。

 また、同性愛にとどまらず、妹の部屋に忍びこむなんて、ドキッとしちゃうシーンもあります。(…もちろん、このシーンは思わせぶりもへったくれもないくらい、サラッと流しちゃいますが)、こんなふうに、夢を媒体にして恐怖表現するよりも、思春期の少年の不安や妄想なんかがこの作品の特徴なんですね。

 「オレと一緒になろう」と迫るフレディは、さしずめアブノーマルの誘惑といったところ。これに対抗するのが、健全でノーマルなリサの存在。だからリサは、必死にジェシーを引きとめようとするのです。

 こう書いてしまうと、なあーんだ、フレディって、つまるところ 「悪夢 = フロイト的役割」 だったのね! と、あからさまにネタがわれてしまうんですが、前作がナンシーの近所のみが舞台という、わりとこじんまりした(?)設定だったのにくらべて、フレディが子供たちを殺害した発電所なんかも出てきます。これでちょっと、スケールアップ。ついでに、フレディもパワーアップ。

 悪夢要素もそこそこがんばっているでしょうか。おかしな人面犬も出てきますよ(← 流行先どりでしたねー)。
それにしてもこのフレディ、あんまり喋らなくてステキです。次回、3作目をお楽しみに!








フレディに狙われちゃう
ジェシーと、
リサ(キム・マイヤーズ)。







家族は全員、ジェシーの話
を信じようとしません。








「わっ、なにコレ!!







同性愛の強迫観念、シュナイダー・
コーチ(マーシャル・ベル)。








フレディ、参上~







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
「ヒドウン」の監督さんやったんですか。
知らなかった。随分前に観たんだけど、最後の
ガーデンパーティーしか印象に残っていませんでした。日本の田舎で普通に暮らしていたらパーティー
とは無縁だもんなあ。伊勢講とか法事はあるんやけど。主人公が少年なんで、美少女をいたぶって
ナンボのフレディさんには物足りなかったのでは。
奈良の亀母 2008/02/03(Sun)14:11:25 編集
亀母さん♪
シリーズの中では不人気(?)なようですが、わたしはけっこう好きだったりします。
ガーデンパーティー、かなり本格的なものでしたよね。
主人公とガールフレンドのお家の差もあったりして、
そのへんのところをもっと強調してくれてもよかったです。
でも、やっぱりヒロインじゃないとだめなんでしょうかね…
ななみ 2008/02/03(Sun)23:50:43 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Dr. Giggles  | HOME |  Embryo >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃