忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     A Nightmare on 
            Elm Street
         part 3: Dream Warriors

1987)アメリカ
出演…パトリシア・アークエット
へザー・ランゲンガンプ
クレイグ・ワッソン
監督…チャック・ラッセル
★★★

〔ストーリー〕
 ナンシーの悪夢から5年後のエルム街周辺では、ティーンエイジャーの自殺未遂が相次いでいた。不眠症に悩む少女クリステンは夢の中でフレディに襲われかけるも、自傷したと誤解されて精神病院に入れられてしまう。そこには、おなじような悩みを抱える少年・少女たちがいた。
 医師たちは彼らの話を信じようとしないが、心理学研究生なったナンシーが赴任してくる…


 フレディの快進撃がつづく第3弾、「エルム街の悪夢3/惨劇の館」です。
ストーリー的にいうと、1作目の延長線上にある内容ですね。フレディも大活躍してます。“夢で殺されると、じっさいに死んじゃう”という、オリジナル・アイデアを徹底して、まずはいろいろ遊んでみた! そんな感じに仕上がってます(笑)。

 基本がとにかくおもしろいので、アレンジのしがいもあるようです。
オープニングのクリステンの悪夢から、ファンタジックでダークな雰囲気。
(クリステン製作の)不気味なドールハウスや、子供たちの幽霊、フレディの数え歌といったワクワク・アイテム満載です。
そして、舞台は不安定な十代の少年・少女が入れられている精神病院へ。
ここまでで、バックは完璧って感じですね~。
  
 さて、本作では、成長したナンシー(へザー・ランゲンガンプ)が重要な役割で登場するんですが、これも無理なくストーリーに盛りこまれていて、フレディとの因縁の対決も見せてくれます。  

 でも、いちばん魅力なのはやっぱり、フレディの七変化ですかね!

 あんなに寡黙だったフレさん、この作品ではかなりはしゃいじゃってきています。
トレードマークの帽子と横シマセーターはもちろんのこと、でっかくなっちゃったり、ちっちゃくなっちゃったり、TVから出てきたり、女装(!)してみたり… って、も~、ほんと、大忙し!

 これに負けじ(?)と対抗する、子供たちの変身も楽しいです。
変身ついでに、それぞれに得意分野なんてのもあります。クリステンは他人を自分の夢に引きこむ力にくわえて、身体能力アップ、ウィルは魔法使い、タリンはワルなナイフ使い、などなど…
だって、夢の中で好きなように変身したり、特別な能力を身につけるのって、だれでも憧れますもんね~! それをものすごく明確に表現してくれているのも、楽しい。

 「夢=虚構の世界」と割りきって、積極的にアプローチした結果、「フレディ=虚構の産物」となったのも、まずまずの成功では… つまるところ、現実と虚構の踏み越えが、ホラーの基本となっているわけですね。とくに、ナンシーが眠りながらソファに崩れるシーンで、そのままソファにすっぽり吸いこまれて、フレディのいる世界に到達する、というところが見事だと思います。
 
 後半に入ると、フレさんの出生の秘密なんかまで出てきちゃったりします。
あと、ここではラリー・フィッシュバーン表記となっていますが、なんとあの、ローレンス・フィッシュバーン(「The Matrix」1999のモーフィアス!)も、脇役で出演していますよ。







大人になったナンシーと、フレディ
対決のカギを握るクリステン(パト
リシア・アークエット)。パトリシア、
子供っぽいですね~!








注射器フレディ!










メカ・フレディ!









でっかいカメさんみたいになって、
はむはむ!









エッチなおネエさんが、
フレディ・ネエさんに!!



メガネっ子の必殺魔術攻撃~!!
「ハリポタ」より、10年先をいってますよ!


 




 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フレディ♪
13金だったらフレディの方が好きです。「フレディvsジェイソン」も見てしまいました(笑。夢の中ならどこまでも自由っていうか。でもだんだん不気味じゃなくなっていくのは13金と一緒で仕方ないんですかね~。この3作目は何気に好きです。悪ノリだけど、夢の中なら僕は強いんだ~ってちょっとヲタク心をくすぐりますよね。
ユキまま 2008/05/09(Fri)11:19:22 編集
フレさん♪
>ユキままさん
フレさんのいいところは、洒落がわかってて、多様性があるところじゃないですか?
3作目をイチバンにあげるファンの方が多いみたいです。やっぱりキャラクターが立っているからでしょうか。子供たちもそれぞれ持ち味があって、戦うシーンが楽しいんですよね。
ななみ 2008/05/10(Sat)21:26:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< A L' interieur  | HOME |  お知らせ >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃