忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   The Omen


(1976)イギリス/アメリカ
出演…グレゴリー・ペック
リー・レミック
デヴィット・ワーナー
ビリー・ホワイトロウ
監督…リチャード・ドナー
★★★★


〔ストーリー〕
 アメリカの外交官ロバートの妻・キャサリンは、ローマの産院で男児を出産するが、その子は間もなく死んでしまう。ちょうど同時刻に生まれた子供を引き取ってもらえないかと、神父から話を持ちかけられ、ロバートは妻に秘密でその子をわが子として育てることに。少年はダミアンと名づけられ、なに不自由なくすくすく育っていくのだが…


 ひさしぶりに傑作が観たい! ダミアンの不敵な微笑みと、首チョンパ(いきなりネタバレ、すいません~)が観たーい!! と思って、今回は「オーメン」です。

 あまりにも有名な、そして、その後も続編(1978)、続々編(1981)と製作されることになった(どちらも必見!)不朽の名作なのですが、最近ではリメイクも話題になりましたね。

 1973年に「The Exorcist」「エクソシスト」が大ヒットしてからというもの、オカルト映画が一時期ブームとなったのですが、この作品は、そんななかでも燦然と輝く “正統派” です。
 手法もクラシック、奇抜な演出や真新しさはとくにないのですが、物語が緻密に構成されていて、結末にむかうにつれて恐怖感とスリルが増大していきます。
なにより、ハーヴェイ・スティーブンス演じるダミアンがこ~わいこと、不気味なこと!

 「エクソシスト」でもそうでしたが、“子供が脅威の存在となる” というのは、当時のアメリカの不安の象徴のようです。(…髪を伸ばし、マリファナを吸って、ロックと平和を訴える粗野な若者たちというのが、当時の親たちにはまるでエイリアンのように思えたんでしょうねー)。
この作品では、物語の悲劇がより顕著になるようにと、主人公は著名な外交官です。グレゴリー・ペックとリー・レミックの上流(いまでいうとセレブですね~)夫婦を要に、産院で引きとった子供の不気味な成長が描かれていきます。

 あらためてじっくり観かえして思ったことは、この作品がいかに、その後の映画界(…たぶん、ほかの分野にも)に多大な影響を与えたかということです。
なんの気なしに観ていただけでも、「コレ、何度も観た覚えがある!」というシーンをいくつも発見してしまいました。
…たとえば、カメラマンが写真の中に不可解なものを発見するシーンは、「The Amityville Horror」「悪魔の棲む家」1979~)の定番ですし、ダミアンが三輪車で走りまわるシーンは、まさしく「The Shining」「シャイニング」1980)、最近のところでは、「Les Rivieres Pourpres」「クリムゾン・リバー」2000)でふたりの刑事が真相を追って、僧院で不気味な人物と会話するシーンが、まさにそっくり!!

 こうしてみると、公開当時いかに観客にとってショッキングだったかわかりますね。
無邪気なはずの子供が(…たしかに、序盤のダミアンは小さくてかわいいんです!)、じつはおそろしい、邪悪な存在だとしたら?
でも、ダミアンのただ笑っている顔もこわいのだけれど、家の中に知らない人がやってくる(子守役のベイロックのことです~)のほうが、よっぽどこわかったりして…


 






悪魔の申し子、ダミアン。
この後の成長も見どころ
なんです。





セレブなお父さん~
ロバート役の 
グレゴリー・ペック。




セレブなお母さん~
キャサリン役の
リー・レミック。  





教会に連れていこう
としたら、大泣きの
暴れまくり!





だから、アヤシすぎるっ
てばー!!
家政婦のベイロック。
 












 

カメラマンのジェニングス(デヴィット・ワーナー)と、真相を探るために
廃墟となった寺院の墓荒らしていると…!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お久です~
どもども♪
これは私も好きです!ハハ。
当時はアメリカの正統派スターの、グレゴリー・ペックさんが出る、っていうのでも話題になりましたよね( ^ω^)
最近リメイクもしてますが、やはり元祖の雰囲気はなんとも言えない味がありますね。
terry URL 2008/09/18(Thu)18:04:29 編集
ご無沙汰しておりま~す。
ななみさん、お久しぶりで~す。
いや~最近、観ていない映画とかは、コメントしにくくて、てんでご無沙汰しておりました。
久々に『オーメン』ですね~。いいですね、コレ。
ちなみにリメイク、絵的には迫力ありますが、オリジナルの不気味さはないですね。
あの、悪魔の歌のようなコーラス、何とも言えず、不気味です~。
逆回しで撮影した串刺しといい、首チョンパといい、私の映画人生に最高の影響を与えた1本です。
話は違いますが、ななみさん、「ランゴリアーズ」DVD発売ですよ~、やったね!!
ベレッタ 2008/09/18(Thu)21:19:34 編集
しまった!
3番手になってしまいましたが・・・
持ってるのに間違えて2枚買ってしまった作品・・・
名作ですね~
盆踊り 2008/09/18(Thu)22:49:20 編集
もう一度見たいっす…
なつかし~ですね。子供の頃のトラウマ映画です。
無神論者なので悪魔の恐ろしさが今ひとつよくわからないけど、今はべつの意味で怖いかも。こんなにかわいいわが子が悪魔の子だったなんて…お父ちゃんが躊躇してしまうのもわかる。
見たのももう十何年も前なので、もう一度見たいな~。リメイクは見ていないんですけど、イマイチなんですか?
ユキまま 2008/09/19(Fri)10:35:29 編集
名優グレゴリー・ペック!
この映画が公開された頃は新聞やテレビで
ホラー映画のぶち抜き広告とかしてましたね。
懐かしいです。ゴールデンタイムにガンガン
怖い予告を流したし、洋画劇場でホラー映画も
豪華な吹き替えでやってくれたし。
何年も愛情を注いで育ててきた我が子を
手に掛けなければならない父親の苦悩が
胸に迫りました。続編作らなきゃ良かったのに。
奈良の亀母 2008/09/20(Sat)16:40:35 編集
どーもです!
>terryさん
おひさしぶりですねー、こんにちは!
「オーメン」は、やはり人気が高い作品ですね。
じつは、わたしはリメイクは未見なのですが、評価は一様に「元祖に及ばない!」というもののようです。
あらためて観返すと、こんなにきっちり作られていたんだなーと、感心してしまいました。
ペックさんの苦悩ぶりもよかったです。
ななみ 2008/09/20(Sat)17:44:40 編集
ランゴリアーズ・イズ・カミーング♪
>ベレッタさん
こちらこそ、おひさしぶりです~!
いえ~、最近はほとんど映画を観ていなかったんですよ。それで、新作ばかりになっちゃってました…
ベレッタさんはリメイクをご覧になっていますね!
迫力があるというなら、これは観ておいたほうがいいでしょうか。
わたしも串刺しシーンと首チョンパが、かなーりインパクト大でした。それから、悪魔の歌もこわカッコイイ!
そして「ランゴリアーズ」発売、やったね!! 再見するのがホント待ち遠しいですね~~~
ななみ 2008/09/20(Sat)17:51:51 編集
とうとう!
>盆踊りさん
2枚所有ですか! 盆踊りさんちって、けっこうお金持ちなんですか…?
たしかに名作ですよねー。いまのホラーのレベルって、なかなか及ばないところがありますね。
それとも、アイデアが出つくされちゃったんでしょうか…
話は変わりますが、本日ネコたんがついに到着!
いま足下で走りまわっています~
ななみ 2008/09/20(Sat)17:56:12 編集
再見すると感想が変わります
>ユキままさん
ユキままさんもトラウマ映画ですね!
わたしも子供のころに観たときは全然気づかなかったんですが、父親の立場から見るとかなりツライですよね。愛らしい子供の姿をとっているところが、いちばん悪魔的なんでしょうか。
リメイクですが、わたしも観ていません。でも、そんなに悪くはないみたいです。ただ、「オリジナルには敵わない」というのが合言葉のようで…
ななみ 2008/09/20(Sat)18:02:53 編集
ダミアン三部作
>亀母さん
ホラー映画の予告編は懐かしいですねー!
その手のものがむかしから大好きだったので、テレビにかじりついて観ていました。
吹き替えも素晴らしかったという記憶があります。
そういえば、最後のナレーションがやけにリアルでコワかった…!!
それから、あら、亀母さんは続編は反対派ですか?
でも、この次のダミアンは美少年なんですよっ!
悪魔っぽくはなくなっちゃうけど、ストーリーはわりと青春していたような…?
ななみ 2008/09/20(Sat)18:09:48 編集
おおっ
ネコたんの写真見たしです~
o(=・ェ・=o)=3=3=3=3=3=3
盆踊り 2008/09/20(Sat)19:07:18 編集
おおっ!!
ななみさん、こんちは。
ねこたん、来たんですね。
よかったですね。気持ちが洗われますね~。
ちょっと前に、うちのわんこも左後ろ脚をびっこ引いてて、即病院に直行でした。ホントに、心配しましたが、無事に治りました。
家族の一員ですから、身を引き裂かれる思いですよね。いつまでも、一緒にいてあげましょう!!

ところで、『2』ですけど、私も結構好きです。
ジョナサン・スコット=テイラー、文字通り美少年ですね。
1作目ほどのの不気味さはないですが、自分の正体を知ってからの変わりようは、見ものです。
眼で演技をするとは、まさにこの事でしょうか。
こっちも、体チョンパなんていう、当時ではショッキングな死にざまがありましたね。
そうそう、ランス・ヘンリクセンも出てました。。。。
ベレッタ 2008/09/20(Sat)19:22:14 編集
猫さん走り回っているんですね。
もうご飯やチッチもオーケーなんですか。
大昔、うちの子は押入から出てこず
慣れてくれるまで大変でした。
慣れるとお腹丸出しで寝ていましたが。
新しい家族と幸せな時間を過ごせますように。
オーメン2、賛悪魔の歌はかっこいいし、氷の下
を流れていく残酷さ、義兄弟で親友でもある少年
を殺して悪魔であることを自覚する場面は
良かった。でも両親が役不足のような・・・。
やっぱりグレゴリー・ペック様が素晴らしすぎて。
奈良の亀母 2008/09/20(Sat)23:49:23 編集
きょうは暑いですなあ
>盆踊りさん
うえん、お見せしたいんですけど、
ケータイ持たない派のわたしには、写真の載せ方がいまいちよくわかりません!
あ、デジカメを買えばなんとかなりますか?
ネコたん、よく遊びますね~、(なぜか)猫じゃらしの柄のほうで…
寝るときはベタベタです。いつも首もとで丸くなって寝てます。
あんまりご飯を食べないのが、ちょっと心配…?

ななみ 2008/09/23(Tue)16:37:59 編集
2も観たいですね!
>ベレッタさん
ベレッタさんはわんこを飼ってらっしゃるんですね。
動物と一緒に暮らすのって、ほんとにハッピーなことですもんね。ベレッタさんのわんわんも、いつまでも元気でいてくれますよーに!

「オーメン」続編ですけど、ジョナサン・スコット・テイラー、あの冷たい眼差しがたまらないの~♪♪
ぜひまた観たいですねえ、
身体チョンパなんてすごいシーンもありましたっけ、(ヤバイ)、ぜんぜん覚えていません…
それから、ヘンリクセンも出てたんですね、これはもう、観るしかないですね!
ななみ 2008/09/23(Tue)16:46:19 編集
いまは寝てます
>亀母さん
ドライも元気にポリポリ食べてます、
それにしても、よく動きますね~、(初日は見てるだけで疲れちゃいました)、
よく動くせいか(?)痩せてます。もうちょっと太ってもいいんじゃないかな? なんて勝手な感想…
押入れから出てこない猫ちゃんというと、臆病な性格のコだったんですね。ネコはそのコによって性格がわかれるところが、すごく興味深いです。
亀母さんも、「2」の内容をよく覚えてらっしゃいますね!
>義兄弟を殺して悪魔であることを自覚する場面
み、観たい!! たぶん、近日中に観ると思います!
ペックさんとどこがどうちがうのか、くらべてみようと思います!
ななみ 2008/09/23(Tue)16:57:21 編集
ええっ!
ケータイ持たない派とは・・・島に住んでる?
携帯が無いと自分の家と職場の電話しか
分かりません・・・・

そろそろ私ラクラクフォンの年齢か?
ねこくんのお名前は?
盆踊り 2008/09/24(Wed)18:23:28 編集
もう秋ですね
>盆踊りさん
島じゃありませんよー、ちゃんと本土に住んでますって!!
持たなければ持たないで、けっこう気がラクです。
まあ、そのうち気が変わるかもしれませんが…
ラクラクフォンはうちの母親も検討中!
名前は「らいたくん」に決定です~
ホントよく動きます~、すでにわたしの膝は傷だらけ… もっとご飯を食べてほしいなあ…
ななみ 2008/09/28(Sun)17:03:50 編集
のらは・・・
野良猫はいっぺんに食べますが
家のネコは、ながら食いしてます。うちもあまり
食べませんが、育っています。
病院に行って検査しましたですか?
あと予防接種もね=^_^=
爪きりも・・かな?
盆踊り 2008/09/28(Sun)19:18:43 編集
らいたんその後
>盆踊りさん
最近ちょっと、ふっくらしてきたようです。
うちに来たときはがりがりだったんですねー、
いまはカリカリをよく食べてます。
あと、ミルクも好きみたいです。
病院の検査はまだです、たぶん、再来週の予定です。予防接種もしとかないと! 忙しいですね~
爪きりはこないだしたら、ピーピー泣き叫ばれました… 痛くないはずなのにー!
ななみ 2008/10/04(Sat)16:23:37 編集
リメイク見ました
オリジナルを久々に見ようか迷ったあげく…リメイクを借りてしまいました。私の感想は…やっぱオリジナルを見ればよかった。なんか怖くないんですよ。やっぱりあの音楽がないと。あとグレゴリー・ペック父さんの方が貫禄があって…リメイクの父親は若すぎ。ベイロック役の人はリメイクも怖かったですが。
ユキまま 2008/10/29(Wed)16:02:11 編集
666
>ユキままさん
リメイクをご覧になったんですね。
わたしも以前から興味があったんですが、今度テレビ放映されるようなので、録画しておくつもりです。
やはりオリジナル越えはできなかったのですね。
ここまでハードルが高すぎると、(演出も役者さんも)、まったくべつの解釈でないかぎり、なかなかむずかしいんじゃないでしょうか…
ななみ 2008/10/29(Wed)22:41:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃