忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

13B
    13B



(2009)インド
出演…マダヴァン
ニートゥ・チャンドラ
ラヴィ・バブ
監督…ヴィクラム・K・カマー
★★☆


〔ストーリー〕
 建設会社に勤めるマノハルは、美人の妻のプリヤ、母親、兄家族や妹たちと一緒に、総勢8名で広いアパートに引っ越してくる。そこは生活水準も上質な暮らし、彼らの部屋番号は「13B」。夢の生活を手に入れ、これからは家族全員で過ごせると思っていたマノハルだったが…すこしずつ、おかしな現象が起こりはじめる。そこには決まって、「13」、「B」という暗号があらわれるのだが…??


 「新感覚スリラーのボリウッド」 だと評判だったので、観てみることにしました。
もしかしたら、リメイクされる可能性があるかもしれないです。もしかしたら、なんですけどね…

 さて、みなさん、インド映画ですよ。インド映画というと、どうしても、“すごーく長い” というイメージがわたしはあったのですが~

 この作品もそのご多分に洩れず、全編146分(!!)もあるんですよ。なぜそんなに長いのかというと、単純に展開の進みがおそいというのもあるんですが、ワンシーンじたいがやたら長かったり、セリフが長かったり、いちばん特徴的なのが、ハッピーなシーン(…たとえば、愛のシーンとか、家族が幸せなシーンとか)になると、なぜか舞台が突然波打ちぎわや、バカンス風景になってしまいまして、そこをひたすら追いかけっこする! 無邪気にたわむれる!! 笑いあう!!

 そして、そんな映像がえんえん流れるなか、甘いメロディや陽気な音楽が歌われたりするのです。そんな、よくワカラン構成が差しこまれるので、余計長くなっちゃうんですねー… (話には聞いていましたけど、おそるべし、インド映画!!)もしかして、トイレ休憩の意味もあるんですかね?

 まあ、そんなおっそろしく長い映画なのですが、内容のほうはそれほどとっちらかっているわけでもなく、これはかなり質のよいホラー・サスペンス。話題になっている理由がよくわかります。

 主人公は、建設会社に勤めるマノハル(マダヴァン)。マノハル一家は母親、妻のプリヤ(ニートゥ・チャンドラ)、兄の家族や弟妹たちをあわせると、総勢8人という大家族。家族全員で暮らすために、高級アパートに引っ越してきます。部屋番号は「13B」。希望に満ちた、幸せな暮らしが待っているはずだったのですが…

 なぜか引っ越した当初から、マノハルのまわりで不可解な現象が起こります。エレベーターが動かない。携帯カメラの調子が悪い。アパートの一室は、どうしても釘を打つことができません。そして、午後1時になると、テレビが勝手に点灯して新番組のドラマが放送されます。この番組が、13チャンネル放送で、どうやらホームドラマのようなのですが…

 「13」、「B」という暗号にどんな意味があるのか? 彼らに襲いかかる怪異の正体はなんなのか? ということに興味を持たせつつ、ちゃんと現代的なホラーに繋がっていくところが非常におもしろいと思いました。
 ちょっとネタばらししてしまいますと、上記の新番組のドラマの内容が、じつは~…、そして、その裏にはじつは~…、だけど、その裏にもまたじつは~…!! という、なかなか凝った内容です。

 精神的に追いつめられていくマノハルの演技もよかったですね。マノハルひとりが危機を察しているのに、家族や友人たちが真剣にうけとめてくれない、そういうのも、ホラーの王道です。盛りあげ方もありきたりなんですけど、すっごく長いんですけど、なぜか不思議なことに、ラストまでいっさいだれることがありません。
 あと、懇切丁寧な展開なので、言葉がわからなくて内容が丸わかりしてしまう!! そんな利点もあります。

 スーパーナチュラル・ホラーの形をとっていながら、オープニングのテレビが製造されるシーンに象徴されているように、べつの意味が隠されていることも自ずと浮かびあがってきます。これはなかなかおもしろいですよ~、手垢がついていないストーリーといいますか、撮り方や音楽なんかも、けっこう新鮮に映ってしまいました。

 エンディング、いちばんインドかなーと思ったのは、今回主役を演じたマダヴァンさん。写真ではふつうの男性ですが、エンドロールが流れだすと、ヒップな格好をしてセクシー美女軍団と悩ましいダンスを踊りながら、ノリノリに歌ってくれます。歌って踊れる、これ、インドのテレビスターの第一条件なんでしょうね。











マノハル(マダヴァン)
とプリヤ
(ニートゥ・チャンドラ)。








携帯カメラで自分を
写してみると…
ひいっ! どゆこと??








警官の友人のシヴァ(ラヴィ・バブ)。
マノハルと一緒に謎を解明しようとします。









ご近所の盲目の老人も、なに
かを察している様子…?









家族に襲いかかる恐怖の正体
は…? マノハル、
みんなを救えるか!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Plague Town  | HOME |  The Horsemen >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃