忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Jacob's Ladder



1990)アメリカ
出演…ティム・ロビンス
エリザベス・ぺーニャ
ダニー・アイエロ
監督…エイドリアン・ライン
脚本…ブルース・ジョエル・ルービン
★★★☆


〔ストーリー〕
 ニューヨークの郵便局員であるジェイコブは、奇妙な幻覚に悩まされていた。ベトナムの戦争体験があまりにも現実的に甦ったり、得体の知れない人々が見えたり。同棲相手のジェジーに打ち明けるも、「ニューヨークはそんなもの」 と、相手にされない。しかし、奇怪な出来事はまだまだつづき、人間とは思えない運転手の車に轢かれそうになり、パーティーでは黒人女性に、「あなたの手相はすでに死んでいる」 と、告げられる。
 混乱したジェイコブは高熱を出して、意識を失ってしまう。目覚めるとそこには、別れたはずの妻サーラと死んだはずの息子がいた…


 「ジェイコブス・ラダー」です。
いい換えると “ヤコブの梯子”、これだけでも、とても宗教色の強い映画だとわかりますね。
なおかつ、主人公は帰還兵…
うーん、これでだいたい物語の方向性が決まってしまうものですが、この作品にはそういった映画にはない非凡さと奥深さが備わってます。
 
 とにかく、ジェイコブの体験する悪夢的なイメージがあまりに鮮烈で、脳裡に焼きついてしまうこと必至です! 浴槽に沈められて氷をぶちまけられるシーンなんか、オ、オソロシすぎる!( …てか、死んじゃいますよ!!)

 わたしがとくに気に入っているシーンで、コインを拾おうと身を屈める一瞬の間があります。ここ、息をひそめたくなるほどの緊張感なんです。
ジェイコブにつきまとう 「怪物たち」 も、ビジュアル面ではかなり洗練されてますね。
非現実なものを一瞬の隙をついて( …この、“一瞬” が大事なんですよね~!)こちらの意識に忍びこませる、そうしたホラー映画が行う 「変換」 という作業においては、ほぼパーフェクトなんじゃないでしょうか?

 ジェイコブの息子で無垢のイメージのマコーレ・カルキンも、出番は少ないながら印象的な役割を果たしてます。このころのカルキンて、「ホーム・アローン」 もコカインのコの字もなくて、育ちよさげでカワイイですね。

 そして、あらためて観なおして気づいたんですが、この作品はいわゆる〇〇オチ映画ではないような気がします。結末の解釈が、そんな単純なものではないとすると…??

 …つまり、そういうことなんですね。
人間とは、生とは、死とは、そんな不滅のテーマを問いかける作品です。







ジェイコブとジェジーは、
ニューヨーク支部の郵便局
に勤める同僚で恋人同士。





混乱していくジェイコブ。
夢と現実と幻覚の境が、次第に
あやふやになりだして…





このお医者さん、コワっ…!!
病院シーン、とにかくコワすぎます!
子供はトラウマになるから観ちゃダメ。





 
おなじ部隊にいた仲間まで
命を狙われだして…?!?







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
もう一度見たくなってきた
この映画不気味でいいですよね!
私は単純に○○オチだわ~で済ませちゃった
んですけど、宗教的な背景があるのですか。
「サイレントヒル」のクリーチャーってこの映画
から影響受けたのでは?と私は思っております。
ユキまま 2008/04/27(Sun)22:18:30 編集
これは傑作ですね
>ユキままさん
ユキままさんのご指摘通り、たぶんそうだと思います! あの頭をブルブル~ッとするオバケがコワい…!! (似たようなテイストの怪物をよく見かけますから、ほかの映画にも影響を与えたんじゃないでしょうかね…)
結末は人それぞれですよ♪ ただわたしは、「死」を理解した瞬間が「ほんとうの死」 → 「個人の存在の曖昧さ」という解釈が好きです。
ななみ 2008/04/28(Mon)23:47:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Braindead  | HOME |  Den Osynlige >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃