忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Nine Miles Down



(2009)イギリス/アメリカ/ハンガリー
/オーストラリア
出演…エイドリアン・ポール
ケイト・ノタ
メラディス・オストラム
監督…アンソニー・ウォラー
★★★

〔ストーリー〕
 サハラ砂漠の採掘場で、地下9マイルあたりに不思議な空洞を発見。研究チームはこの発見に沸きたつが、ある日突然連絡が途絶えてしまう。警備会社から派遣されたジャックは、ひとり砂嵐のなかを採掘場に赴くが… 研究員はひとり残らず姿を消し、壁には不気味なメッセージが。ここでいったいなにが起こったのか??


 エヴェレット・デ・ロッシェ脚本ということで、これも楽しみにしていた作品のひとつ。なんか、日本版ホラーフェスでも上映されて、出来がいいと話題になっていたようです。ロッシェ脚本のホラーはこわさはいまいちなのですが、ストーリーがやっぱり一風変わっていておもしろいです。

 舞台はサハラ砂漠。ここに採掘場を建設して、数人の科学者チームで地質学的な研究をおこなっておりました。その過程で、地下9マイルあたりに不思議な空洞が発見されます。これはいったいなんだろう? と、知的好奇心に沸きたつ科学者グループ。調べてみると報告してきたのち、連絡を絶ってしまいます。そこで、警備会社から派遣されたジャック(エイドリアン・ポール)が、ひとり砂嵐のなかを車を飛ばして、採掘場へと赴くのですが…

 こういうのって、なんかキングの『デスペレーション』ぽいなと思っていましたら、ほんとにそんな内容でした。研究チームはひとり残らず消え失せ、壁には不気味なメッセージや気味の悪い絵、床に呪術的なサークルを描いて、その中央にジャッカルの絵が…

 んで、当然地下9マイルの空洞がなんだったのか、という話になっていくんですが、そうです、これもみなさんの予想どおり。奈落の底は “イド” なんですねー。そして、そこから地獄の叫びのような人声が聞こえてきて、それはジャック本人の暗黒にもつながっていき…

 ここに、たったひとりの生存者ジェニー(ケイト・ノタ)という研究員が登場して、物語をいい感じに複雑化していきます。ジェニー演じる女優さん、かなりキレイです、存在感もありますし、超美脚の持ち主!!

 登場シーンからしてステキなんですが、ジャックが本部に問いあわせたところ、チームに女性なんかいないという返事がかえってきちゃいます。え? どゆこと? つまり、彼女はうそをついてるんだろうか? けれど、ジャックの精神状態もだんだんあやふやになっていくと… 現実と妄想が入り乱れて、なにがホントのことなのかわからなくなってきちゃいます。

 お話じたいもすごくよくできていて、さすがロッシェ脚本、腕のいいところを見せてくれるなと思いました。この方、あんまりホラーな部分を強調するよりも、こういう不思議系のお話で力を発揮するんでしょうね。わたしも好きです。ロッシェってだれ? という方には、いちばんのオススメ作品かもしんないです。つまり、こういうちょっと変わった雰囲気の作品を書く方なんですよー

 ケイト・ノタがすごくよくて、主役のエイドリアン・ポールもそう悪くはないんですけど… ひとつ難点をあげるとすると、あんまり緊迫感はありません。これで緊張感があったら、それこそすごい作品になったと思うんですけどねー、残念! それとも、最初からそういうのは狙っていなかったのかな。結末もわりとあやふやな部分を残してまして、そこが作品の味わい深さにもなっているんですよ。

 こういう特殊な舞台で起こるホラーって、「物体X」みたいな怪物ものか、パラノイアものになるかのどっちかなんですけど… さあ、この作品はどっちだ!? 楽しみながら観ちゃってください。これはわりかし期待しててもじゅうぶん楽しめる佳作です!








砂嵐のなか、
問題の採掘場へ。






天気がよくなってみても、
謎は深まるばかり…





この女優さん、
すごくイイ!!
どの表情もきまってる。











この採掘場には、
どんな秘密が隠されているのか…??





うぎゃー!!
こういう気が変に
なりそうな恐怖って、
好きですよ!








PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃