忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Frailty



2001)アメリカ/ドイツ/イタリア
出演…ビル・パクストン
マシュー・マコノヒー
パワーズ・ブース
監督…ビル・パクストン
★★★☆


〔ストーリー〕
 テキサス州ダラスのFBI司令部。ドイル捜査官は、全米を震撼させている連続殺人鬼 “神の手(ゴッド・ハンド)” を追っていた。ある嵐の夜、彼のもとにフェントンと名乗る男がやってくる。フェントンは、連続殺人鬼は自分の弟アダムだといい、数々の殺人を犯したあとに自殺したと告げる。そして、弟が連続殺人鬼になるにいたった少年時代の話をはじめるのだった…


 邦題、「フレイルティー/妄執」です。主演のビル・パクストンという役者さんは、「Twister」(1996)「A Simple Plan」(1998)に出ていた人ですね。いわば、中堅の役者さんなんですが、監督としてもじゅうぶんやっていけそうです。その安定した才能を見せて証明してくれたのが、本作です。
 
 テキサスの田舎町で、母親はいないながらも父子三人で平和に暮らしてるんですが、そこに悪夢のような出来事がはじまっちゃいます。お父ちゃん、いきなり、「を見た!」とか、宣言しちゃいます。

 これがある程度年齢のいってる子供だったら、「親父、ヤバイな~」となるわけですが、相手はほんの小さな子供です。自己確立なんてまださきの話で、善悪の概念もようやくわかりはじめたころ。しかも、大好きな、尊敬しているパパがそういうんですよ。当然、影響されていっちゃいます。

 ビル・パクストン演じるお父ちゃん、それほど血まなぐさくもなく、狂気じみてもいません。それゆえに、狂人のオソロシさというのが、顕著になってくるようです。

 ふたりの息子なんですが(この子役たちが、どちらもイイ演技を見せてくれます)、弟のアダム(ルーク・アスキュー)は無邪気で愛らしく、「すっごーい、うちのパパ、正義の味方だったんだ!」と、単純におおはしゃぎ。一方、兄のフェントン(マット・オリアリーは、
「Death Sentence」(2007)で成長した姿が見れますよ!)は、さすがに年長ゆえに、「ちがう、なんかちがう… パパ、絶対まちがってる…!」と、怯える日々。

 愛する人や家族が妄想を抱いてしまったら、それがもしも、子供の親だったら… (だって、子供は親を選べないし!)そんなアメリカ的不安をダイレクトに伝えてくる一品です。結末もたいへ~ん、不気味なんですよ。
 








ドイル(右)を訪ねてやってきた男
フェントン(マシュー・マコノヒー)
は、弟が “ゴッドハンド”だといい
ますが…







「お父ちゃんな、神さまから啓示を
受けた!」と、いきなり真夜中に
子供たちを起こして、電波光線
発射。






「いいか、これは神の所業なん
だ…」と、コワ~いことはじめちゃ
うパパ。
子供たち、完全に怯えきってます!








「この悪魔めっっ!!」って、どう
見てもふつうの女性ですよ!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは
フレイルティー、これ、ものすっごく怖かったです。地味なのに。でも、丁寧な作り方が、ジワジワと盛り上げてくれる非常に優れた映画ですよね。パクストン君はこれしか監督作がないようですが、もっともっと撮ってもいいじゃん!っていう感じですよね。
wataru URL 2008/01/09(Wed)23:29:24 編集
この子達にはパパしかいないんですよね。
テキサス、やってくれますね。
「悪魔のいけにえ」シリーズとそのリメイクは言うに及ばず、「ゾンゲリア」も
そして「フレイルティー」も。
これはケッチャムの小説を読んだ後の様な
ダメージを受けますね。後味も悪いし。
パパの狂気はアダムの子孫に受け継がれて
いくのでしょうか。アダムの子孫、それは
人類そのものです。
奈良の亀母 2008/01/10(Thu)20:04:31 編集
Wataruさん♪ 
こういう作品は、わたしも非常に好みです~!
ほんとにこの方、もっと映画を撮ってもいいくらいですよね。
じっくり構想を練るタイプなんでしょうかね…?
数人の作家がより集まって、大々的にお金をかけて出来上がった映画なんかより、ずーっと価値のある作品だったと思います。
…でも、結末はとてつもなく、イヤ~な感じでしたね(汗)!
ななみ 2008/01/10(Thu)22:43:16 編集
亀母さん♪
テキサスが舞台って、それだけでもう、不吉な感じがしてきちゃいますよね…!(って、たぶん、ホラー好き限定なんでしょうか?)。
それから、いわれてみれば、です~!
さすが、亀母さん!
そっか、だからわざわざ “アダム” って名前にしたんですね!
これでまた、この映画にたいする理解力がぐーんと深まっちゃいました。おもしろいですね~!
内容はとんでもなくオソロシいんだけど、すごく良くできた映画。
しばらく心に残りそうです。
ななみ 2008/01/10(Thu)22:48:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Serial Mom  | HOME |  Mulholland Dr >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃