忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  Storm of The Century


1999)カナダ/アメリカ
出演…ティム・デイリー
コルム・フィオール
デブラ・ファレンティノ
監督…クレイグ・R・バクスリー
脚本…スティーヴン・キング
★★★☆


〔ストーリー〕
 メイン州の孤立した小さな島リトル・トールでは、48時間に及ぶ激しい嵐がやってこようとしていた。島民たちが嵐の準備に備えていたころ、ひとりの不気味な男がやってくる。彼はひとり暮らしの老婦人を殺害、抵抗する様子もなく警官のマイクたちに逮捕されるのだが、それはおそろしい夜の序章にすぎなかった…


 キング原作の映像化、「悪魔の嵐」です。
TV映画のミニ・シリーズでして、キング作品はどちらかというと、こうした形式のほうが丁寧に作られるらしく、内容のほうも充実しています。脚本も本人が担当しています。ということで、あちらこちらにキングらしい伏線がチラリと見えて、ファンにはまた、たまりません。

 “リトル・トール” と聞いて、「おやっ」と、思った方もいるのでは。そうです、『ドロレス・クレイボーン』 (映画のタイトルは「黙秘」1995)の舞台なんですねー。時間的にいうと、『ドロレス~』 のほうがさきに起こった出来事です。
 で、『ドロレス』 をよーく読んでみると、本作品の主人公である、警官マイクの両親なんかもちらっと出てきます。そういう世界観がまた、たまらないわけですが、もちろんそんなことを知らなくたって、この作品はじゅうぶん楽しめるようになっています。

 さて、キング作品にはおなじみの、「世間から孤立したコミュニティ」 に 「不協和音を奏でる事態がはじまる」 んですが、この心理ドラマのたたみかけがじつに、お見事(すごい!)。

 直接的な暴力はさほど存在しないんですが、島民たちのイヤ~な部分がこれでもかと、さらけだされていっちゃいます。「人間とは、かくも醜く、惨めなものさ」 という、キングじきじきのメッセージ、ありとあらゆる手法で語られちゃいます。

 前半に多くの謎を残して、後半からいっきにスピードアップしていくのも、さすがこなれています。オリジナル・タイトルが “世紀の嵐” ということで、当然黙示録的ムードも漂っています。1999年製作にふさわしい力作ですね。
 

 






マイク(左ティム・デイリー)は、
島の保安を守る正義感あふれる
警官です。








嵐の来訪とともに、招かざる客
も不気味に到着。








婦人を殺害した容疑で、あっさり
逮捕されてしまいましたが…







檻の中に入れても、奇妙な影響力で
住人たちを操ってしまいます!
さて、男の真の目的とは…?







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
NHKの深夜にやってましたね。
「ドロレス・クレイボーン」は未読です。
そんな繋がりがあったんですね。
島民達のイヤーな部分、これは村社会の
日本人には思い当たることばっかりです。
今住んでいる所はモロに村社会でホンマに
二十一世紀かいなと疑う毎日なんで。
舅姑と話が通じない、日本語の意味が通じないというのは「ゾンビ」と意思疎通を
はかっているような虚しさなんです。
戦前のままで思考が止まってるんです。
戦後教育を受けているはずなのに。
三十しか違わないのに。長々とすみません。ラスト、何もかも振り捨てて都会で
新生活をこなしているマイクの前と再会
した二人連れ・・・。それにしても悪魔も
後継者が欲しいものなのね。田舎でも「家」「店」を継げという話ばかりです。
奈良の亀母 2008/01/13(Sun)11:47:20 編集
亀母さん♪そんな
苦労をされてたなんて…!!
まったく知りませんでした。
わたしの住んでるところもたしかに田舎ですけど、そこまでひどくはありません。
…といいますか、まるでドラマや小説に出てくるような、排他的な雰囲気にびっくりしています。
新しいものを受けつけないって、かなりきびしいかも…
そんななかで、映画や小説に触れたりすることって、とても大事ですよね。
だから亀母さんは、どっちの分野にもよく通じてるんですね!
相手の考えを変えるのって、なかなかむずかしいと思います。
でも、それは当然、相手にとってもおなじことなんだから、すこしずつ歩みよりができるといいですよね。
ななみ 2008/01/13(Sun)19:56:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃