忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Forget Me Not



(2009)アメリカ
出演…カーリー・シュローダー
コーディ・ライネリー
ブリエ・ガブリエル
監督…タイラー・オリバー
★★☆


〔ストーリー〕
 高校を卒業したてのサンディは友人に恵まれ、大学進学までのあいだ、彼らと賑やかに過ごしている。ある晩、友人T・Jの家でパーティーをして騒ぎ、弟のイーライもふくめて、9人である遊びをすることに。それは墓場で行うゲームで、サンディはもちろん、友人たちも全員知っているルールだった。ゴースト役の友人と追いかけっこをし、最後にひとり残った女友だちを追いかけるサンディ。と、彼女は突然ふりかえって、「わたしをおぼえている?」 と、たずねる。直後、彼女は崖から飛びおりてしまい…!!


 Jホラーの影響をうけまくった怨霊ホラーとして、話題になっているようです。
でも、結果としてアメリカ人がJホラーを撮ると、Jホラーとモンスターのミックスみたいなのが生まれちゃうんですけどね。

 ストーリーは、高校を卒業したばかりの裕福な若者たちの日常から。
サンディ(カーリー・シュローダー)は恋人のジェイク(ミカ・アルバート)、多くの友人たちに囲まれた人気者、家も金持ちだし、弟のイーライ(コーディ・ライネリー)はかわいいし。あ~、弟。わたし、弟萌えでもあるんです。いいなー、かわいい弟。わたしもほしいよう。
 友人たちも甘ったれた中流階級の坊ちゃん、嬢ちゃんばかりでして、ある晩友人のひとりT・J(ショーン・ウィング)の家でパーティーをします。

 アメリカの中流階級の若者たちのパーティーといったら~、
 プールサイド、アルコール、踊りまくって、エッチな気分になって!!
まあ、そんなステレオタイプですよ。世間舐めんなよといいたくなりますが、そこで彼ら、やたらと子供っぽいゲームを思いつきます。

 このゲーム、墓場でゴースト役の子がほかの仲間をつかまえて、つかまったらその子もゴーストになっちゃう。たあいもない鬼ごっこなんですが、なぜか彼らはノリノリに。
 で、その途中、ひとりの女の子がサンディとふたりきりになったときに、突然 「わたしのこと、おぼえてる?」なんて、訊きます。「え、どういこと?」 つぎの瞬間、彼女は崖を飛びおりてしまって、キャー!!

 ゲームどころではなくなって、警察も出動するのですが、飛び降りた女の子は見つからず。おまけに、彼女はいったいだれだったのか、名前はなんといったのか? まるで思い出せない始末です。仲のいい友人のひとりだったはずなのに…?

 と、ここから怨霊の復讐ゲームがスタート。ひとり、またひとりと、友人たちが襲われていってしまいます。そして、友人たちの存在そのものが、この世から消滅してしまうのです。

 「Paranormal Activity」「パラノーマル・アクティビティ」2009)を観ていたときも思ったんですが、Jホラーがハリウッドに与えたショックって大きかったんだと思います。だって、銃で退治できないんですもん! これはアメリカ人をふるえあがらせちゃうわけで~

 それで、彼らがおなじようにゴースト映画を撮ろうとすると、スピリット(霊魂)の概念がないものですから、どうも具体的に、即物的になってしまう。
 その証拠に、本作のゴースト登場シーンなんですが、人気のない道路の路肩だったり、モーテルだったり、これはゴーストというより、殺人鬼が出没しそうな場所ですし、最後のほうには〇〇シーンもあったりします… 悪魔かいな!

 モンスターとゴーストのハイブリット的な怪物ですけど、いかにもなデザインされた雰囲気で、ちっともこわくありません。ええ、笑えます。へんな動きでカクカク踊ってるし。そういえば、伽耶子さんも笑えました。まあ、ホラーって、悪趣味な笑いと恐怖が隣あわせになっているようなものですから。

 要所要所で的確なポイントをついていて、ティーン・ホラーとしてそれなりに楽しめると思います。
 ラストはなぜか、ハッピーエンドになっています(← …あ、ネタバレしてしまいました、すいません~) とりあえず、めでたし、めでたしと!!










サンディ役のカーリー・
シュローダー。








かわいい弟
こんな弟ほしいよう!








友人たちとパーティーで
盛りあがっていると…








Yes,
We love bitch!!
 





どう見ても森の妖精です。
いたずら好きな森の妖精
さんなんです!






 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Dead Air  | HOME |  Skjult >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃