忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     The Langoliers



    (1995)アメリカ
    出演…デヴィット・モース、パトリシア・ウェティ
         グ、マーク・リンゼイ・チャップマン、ケイ
         ト・メイバリー、ブロンソン・ピンチョット
    監督…トム・ホランド
    ★★★☆



〔ストーリー〕
 ロスからボストンへとむかう、アメリカン・プライド29便。その日パイロットのブライアンは、別れた妻の悲報を胸に29便に乗りこんだ。ひとつ気になる天候は、モハーヴェ砂漠に虹が出ているということ。夜間飛行のため、乗客の何人かは眠りにつき、ブライアンはオートパイロットに切り替えてしばしの休息をとる… と、盲目の少女ディナの鋭い悲鳴で、突如眠りは妨げられた。なんと、客員のほとんどが忽然と姿を消してしまっていたのだ! 残ったのはたった11人。そして、29便が目指す地上にはいったいなにが…?!


 ひさしぶりに鑑賞しなおしてみましたが、いや~、これはおもしろい!
キング御大の『ランゴリアーズ』です。

 この作品、じつは本国では4編のノヴェラが収録されていまして、ぜひ映像化希望『図書館警察』『サン・ドッグ』、そしてジョニー・デップ主演(「Secret Window」「シークレット・ウィンドウ」2004))で話題になりました、『秘密の窓、秘密の庭』があります。
 キングというと、ホラーのイメージが強いですが、じつはSFにも精通している方。十代のころは、それこそSF世界にどっぷりつかった青春時代を送り、初期の短編にもSF作品がよく見られます。(…なお、これの姉妹編といってもいい、短編 『ジョウント』『神々のワードプロセッサ』所蔵)は必読! テレポーテーションがテーマなのですが、『ランゴリアーズ』に通じる 「時間のパラドックス論理」 があり、ラストの少年の笑い声に総毛立ってしまうこと確実の、超~不気味なお話なのです!)

 内容は、エア・ポケット、通称 “時間の裂け目” に入りこんでしまった乗客たちの未知の恐怖を描くのですが、そこには通常の概念を越える 「奇怪な法則」 がありまして、おそろしいモンスターが潜んでいました… という、お話です。
 時間の流れというのは、ふつう一定方向で、「過去」→ 「現在」→ 「未来」と進みます。ここに偶然の産物で “裂け目” が出現してしまい、落っこちてしまって、進行方向にワープしてしまえば「未来」にいってしまう。だけど、「過去」にもどってしまったら…? という、ちょっと複雑怪奇なミステリー。

 トム・ホランドのこのTV映画も、ほとんど原作通りに進んでいきます。キング作品はとにかく、原作通りがイチバン! とくに、この作品はノヴェラで完成度も高く、映画のほうを先に観てから原作を読むと、まるで脚本を読んでいるような錯覚に陥るかもしれません。

 キャラクターたちもそれぞれ個性豊かで楽しいです。
 キャプテンのブライアンを演じるのは、デヴィット・モース。彼はフライト直前に、元妻の悲報を受けとってしまいます。悲しみを胸に操縦桿を握るのですが…
 盲目の神童少女・ディナには、ケイト・メイバリー。(この娘がまた、すごいんです!) とても不思議な能力を持っているんですが、彼女自身それがなんなのかよくわかっていない、というところも宿命論ですね。本能的に心の声に従って、動揺するみんなを導いていくのですが…
 ディナの面倒を見てくれる女性教師・ローレルには、パトリシア・ウェティグ。彼女はなんと、文通で知り合った男性と会うために29便に乗りこんだのでした…
 そして、どことなーく、イケナイ魅力を漂わせるニックには、マーク・リンゼイ・チャップマン。彼にはまた、人にいえない大きな秘密があるのですが…

 ストーリー展開も非常に興味深く、牽引力があり、モンスターはラスト近くまではいっさいあらわれないんですが、出現したときの迫力と爽快感(?)が心地いいです。とくに、トゥーミー役のブロンソン・ピンチョットの、終始イッちゃってる演技には大注目。赤く潤んだ目がヤヴァイ~! 垂らすな~! ヘンな声で呻くな~! トゥーミーさんは見るからに問題児なのですが、なぜかランゴリアーズ(モンスター)のことを知っています。さて、その理由とは…??

 なお、原作を読んでいただけると、ニックの秘密がより明らかになるようになっています。(…ある意味正当防衛だったのですが、この悲惨な事件によって、彼は父親から絶縁されてしまい、故郷に帰ることができなくなってしまったのですね)。
 キング・ファンも、そうじゃない方も、まだ未見というなら是非!













 ブライアン役のデヴィット・
 モース(左)。








 女性教師ローレル(パトリシア・
 ウェティグ)と、神々しい能力
 を持つ盲目少女ディナ
 (ケイト・メイバリー)。









 問題児のトゥーミーさん(ブロン
 ソン・ピンチョット)。アナタがい
 るおかげで、大変なことに~!










 異次元空間に迷いこんでしまっ
 た彼らの運命は…??











 ひいぃぃぃ、で、でたーっ!!!










 決死の脱出となるか?!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
へらへら
ななみさん、こんにちは。とうとう、出てしまいましたね。いつか出るだろうと思ってましたが。
小遣いないのに、つい買っちゃいました、DVD。
おまけに、『ザ・スタンド』も一緒に。

吹き替えはいいですね~、味があります。
リアルなパックマン、ランゴリの食いっぷりがサイコー。
登場人物も、味があっていいです。
盲目の女の子がかわいそうでしたが・・・
ベレッタ 2008/12/05(Fri)16:15:06 編集
キングの映像化って…
これってたしかTV放映用でしたよね?
あ、でも、バクバク食べるヤツが私が見たのとはちょっと違うような…。でもだいぶ昔に見たからこれだったのかも。
私はキングの映像化につい失笑してしまうんです(←ごめんなさい)。小説で読むとなんだか怖そうなのに絵にするとなんかマヌケに見えてしまって…。これもパックマンにしか見えなかった…。
やっぱし、キングの思う「怖い」と私の「怖い」は違うんです。でも初期の短編はいっぱい読みましたよ。『ジョウント』面白いですよね!私が好きなのは前に書いたかもしれませんが、『ノーナ』『ミルクマン1・2』『トウモロコシ畑のこどもたち』『バネ足ジャック』『キャンパスの悪夢』とか…これらも映像化されるとあまり怖くないのかもしれませんが。
ユキまま 2008/12/06(Sat)00:45:17 編集
いろんなトマト
>ベレッタさん
はい、とうとう出してしまいました~、隠し玉。
いいな~、ベレッタさん、「スタンド」も一緒に入手しちゃったんですか!!
じつはわたしも吹き替え、大好きなんです。「スタンド」の吹き替えもよかったですよねー♪
パックマンは、腐ったトマトみたいな色がグロ・キュート! キャラクターたちも個性豊かで飽きないですよね。この作品で、一時期タイムワープものにはまりました。ふつうはパラドクス理論で帰結するところを、ちょっと味付けすると、こんなに楽しいお話ができあがっちゃう…!! っていう、まるでお手本のような作品ですよね。
ななみ 2008/12/06(Sat)21:04:15 編集
初期短編
>ユキままさん
そうです、これはTV映画です。ずいぶんまえに、NHKでも放映されてましたもんね。だから、たぶんユキままさんがご覧になったのとおなじ作品だと思います。
キング作品は映像化すると、笑ってしまう…! これ、わたしも同意できちゃいます。といいますか、映像化しなくても、(真剣に読むと)笑えちゃう、バカ・ホラーがけっこう多いですよね。
「ジョウント」、あの不気味なラストは異常にトラウマ!
「ノーナ」は女の子が妙に魅力的に描かれてましたね。「ミルクマン」は??な世界だし、「トウモロコシ畑の子供たち」は、最後にスーパーナチュラルに加速するところがサイコー! 「バネ足ジャック」、「キャンパスの悪夢」も好きです。初期のころの短編って、勢いがあって楽しいですよね♪
短編は映画化するとむずかしいかもしれません。(「地下室の悪夢」がいい例かな…?)
でも、若い監督さんに果敢に挑んでもらいたいですよね。
ななみ 2008/12/06(Sat)21:10:54 編集
おっと・・
忘れてましたこの作品・・・
観ないと。
>ひいぃぃぃ、で、でたーっ!!!
を観てしまった・・でも楽しみです。
盆踊り URL 2008/12/07(Sun)19:35:09 編集
私がキングを読んだのは
たしか中学生の頃で、短編から入っていったんです。ちょうど扶桑社から何冊か出ていた時で。
怖いのも怖かったんですけど、どちらかというと行った事もないアメリカの日常生活が詳細に描かれているところが面白くて…商品のブランドネーム(ケロッグとか?)を書くようになったのってキングがはじめてみたいなことをどこかで聞いたんですけど、そういうのがアメリカに憧れてた私にははまる部分だったんです。今ではアメリカよりヨーロッパに行ってみたいんですけど(特にスペイン)。
ユキまま 2008/12/08(Mon)10:26:02 編集
あんなのいたらリアルにこわい
>盆踊りさん
ひさしぶりに見なおしてみたら、けっこうおもしろかったですよ。声優さんたちの熱演もよかったです。
パックマン・トマト大群、テレビ映画だからアレですけど、なかなか迫力ありますよねー。
わたしはトゥーミーさんがバックンやられちゃうシーンが大好きでーす♪
さ~、つぎは「スタンド」!
ななみ 2008/12/08(Mon)19:38:54 編集
いいなあ旅行いきたい
>ユキままさん
扶桑社の短編集、懐かしいですね。いまは装丁が簡素なものになってしまったんですよねー。
わたしもじつは、中学生のときに「キャリー」を読んだのがきっかけで、キング世界にどっぷりはまってしまいました…
キングの筆力と魅力は日常描写にあって、たぶんそのせいで、好きな人しか読まなかった恐怖小説がモダンホラー(死語ですけど)に格上げできたんでしょうね。
それから、ヨーロッパはわたしも憧れます!
いきたいですね~、スペインもいいですけど、やっぱりイタリアかなー、食べものがおいしそうだし! あ、でもパエリアも捨てがたいですね。
ななみ 2008/12/08(Mon)19:46:33 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Pathology  | HOME |  Musallat >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃