忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Minority Report


(2002)アメリカ
出演…トム・クルーズ
コリン・ファレル
サマンサ・モートン
マックス・フォン・シドー
監督…スティーヴン・スピルバーグ
★★★☆


〔ストーリー〕
 2053年のアメリカは、特殊な能力を持つ “プレコグ” と呼ばれる子供たちによる“殺人予知システム” によって、犯罪のない社会になっていた。だが、犯罪予防局の取締りチームの主任のジョンは、ある日自分が第一級殺人の容疑者として予知されてしまう。ジョンは自分が事件を起こすことになる36時間以内に、真相を暴くことができるのか…??


 スピルバーグの「マイノリティ・リポート」です。

 原作は、フィリップ・K・ディックの短編 『少数派意見』 を元にしています。ディックといえば、「Blade Runner」「ブレードランナー」1982)の原作 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 なんて作品も。こちらは大傑作です。未読の方は、ぜひ読んでみてください! そのディックのひさしぶりの映画化なんですが、こんな立派な作品に仕上げてくれたなんて知ったら鼻が高いでしょうねー というくらい、おもしろいことになっています。グッジョブ! です。

 やはり映画は「ストーリーが命!」ということを気づかせてくれた一作でもありまして、原作がしっかりしていると、必然的にハラハラドキドキ映画になってしまうんですね~。スピルバーグ監督というと、この前年には「Artifical Intelligence: AI」(2001)なんて傑作もものにしています。(…こちらの原作は、ブライアン・オールディスの 『スーパートイズ』)。
 
 さすがスピルバーグだけあって、近未来の風景がうまいですね。未来というと、どうしてもメカニックに描きたがる人が多いですけど、スピルバーグの未来はうつくしいです。流線的なフォルムの車なんかカッコイイし、(…商品化されても、ぜったいカッコイイと思います!)、犯罪防止科の人たちが乗る個人用ジェット機(?)、プレコグの意識を映像化して解析する装置、人の網膜を感知する虫型ロボット… などなど、細かいディティールが非常に凝っていてうつくしいです。

 こういったあたり、一度観ただけではもったいないので、何度でも観て確認したくなってしまいます。

 そして、主人公のジョンを演じるトム・クルーズについてもちょっとひとこと。
トムはカッコイイですね! だれがなんといおうと、ステキですね~♪♪ 少年のような笑顔ややんちゃな暴れっぷりが魅力のトムですけど、今回はけっこういじめられちゃってます。(キャー、ドキドキ…!)

 犯罪防止科の主任のジョンは、表むきには敏腕デカのように頼りがいがあるのですけど、じつは悲しい過去を抱えていました。8歳の息子・ショーンを誘拐されて、いまだにその安否はつかめず、結婚生活も崩壊、自宅では薬物に依存する日々…
精神的にキツイシーンがわりと多いんですけど、とくにひどかったのは、○○を取り替えるシーン! 「…オイオイ、マヂですか??」 と、訊きたくなっちゃうくらい、けっこうグロイです。おっかないです。わたしはまともに観ることができませんでした。。。(こういう系統は、どうも苦手ですね~…)

 全体的にはかなりシリアスなドラマですが、サスペンス映画として楽しむのもよし、SF映画として楽しむのもよし、とにかく観て損のない作品です。









プレコグが予知するのは悪夢
ばかり。殺人がいちばん強烈
な感情なんでしょうね。







氷風呂に隠れるも… 追っ手
の虫型ロボットに見つかっ
ちゃった!!





ジョンはいちばんのプレコグ
能力者アガサ(サマンサ・
モートン)を連れて、
真相を探りだしますが…
(このシーン、「NEXT」
(2007)っぽいです!)










ジョンを追うウィットワー刑事(コリン・ファレル)。










予知された過去の事件の被害者の行方は…??







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
イメージカラーはメタリックシルバー。
「今日の早川さん」という本でディック作品の映画化
にはイチャモンをつける癖に「ブレードランナー」だけはベタ誉めというフレーズが出てきて笑ってしまいました。自分は早川さんみたいなナイスバディの可愛い女性ではありませんが、思い当たる所が多いです。「NEXT」は許せないんで!でもこの作品は
近未来のガジェットがきちんと作りこまれていて
ストーリーも破綻していませんでした。ジョンの部屋
が寒々しくて生活感がないのは彼の心象風景を
表しているんですね。プレコグの超能力で息子さんの安否が分かればいいのに。あのシーンはサブイボ
がたって正視出来なかったです。
奈良の亀母 2008/06/11(Wed)00:10:17 編集
わたしが超能力者なら見つけてあげたい
>亀母さん
「今日の早川さん」というのは4コママンガなのですね。タイトルもおかしいし、プロットも秀逸ではないですか。「NEXT」はたしかにがっかりな内容でした。前半はスピード感があってよかったのに、いつの間にやら3分ルールが、アレ? アレレ…??
トムのジョン、切なかったですよね。子供があんなふうにいなくなっちゃったら、絶対気が狂っちゃいます。ひとり暮らしの部屋も淋しすぎる… 結局真相はわからないままだし…
あのシーンは反則ですね! 映ってないけど、こわすぎるんだって…!!
ななみ 2008/06/11(Wed)23:14:24 編集
いまさらながら2
これ、最初SFのつもりで見てて、SF苦手な私は近未来の風景がどうにもウソ臭く(メカニックは最新なのに衣食住は今とほとんど変わらずなんて??)、どうにも受け付けなかったんです(ゴメンナサイ)。ついでに言うと、トムの捜査方法の指動かし(?)も笑ってしまって~(パソコンで打った方が早いような気が…)。どうにも乗り切れなかったんです、途中まで。ところが…最後の方には見事なミステリに!私はこれをミステリとして見ました。今(この未来)が成立するための事件。めずらしくすっきりしたミステリでした!
ユキまま 2009/03/01(Sun)01:29:17 編集
ディックをスピルバーグが
>ユキままさん
映画で未来を描こうとすると、どうしても陳腐なものになってしまうのはご愛嬌!
スピルバーグの未来は希望的観測?のもとに成り立っているのか、肯定的に見れてわたしは好きなんですよ。やっぱり未来は明るくなくちゃ。それから、トムもカッコイイし。影のあるカッコイイ男は、無条件で絵になりますし~
原作では、ミステリでもドラマチックでもなく、実験的で哲学的、かなり硬派なお話です。以前よく理解もできないのに、無理して読んだ思い出があります。
ななみ 2009/03/02(Mon)20:37:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃