忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    eXistenZ


(1999)カナダ/イギリス
出演…ジュード・ロウ
ジェニファー・ジェイソン・リー
ウィレム・デフォー
イアン・ホルム
監督…デイヴィット・クロネンバーグ
★★★


〔ストーリー〕
 近未来のアメリカ。新作ゲーム「イグジステンズ」の発表会で、カリスマ的な人気を持つゲーム・デザイナーのアレグラをゲストに、一般のゲーム・ファンたちを数人集めてゲームを体感しようと企画する。ところが、ゲーム中に突然気味の悪い銃を持った若い男が乱入、アレグラは撃たれてしまう。警備員のテッドはとっさにアレグラをかばって、彼女を連れて車で逃げだすのだが…


 クロネンバーグの「イグジステンズ」です。

 なにしろテーマが 近未来の “ゲーム” ですから、この作品ももちろん、「バーチャル・リアリティ」 ものとなるわけですが、そんじょそこらのバーチャルなリアリティを想像してもらっては困ります! CG全盛期であろうとなかろうと、バーグ先生お得意の超~肉感的な、超~ド変態なアイテムで、これでもかと攻めていきます。「未来」 のことを描いておきながら、表現する方法は思いっきりアナログな感じがまた、非常におもしろい一作でもあります。

 さて、タイトルにもなっている 「イグジステンズ」 とは、新型体感ゲームの名前なんですが、このゲームをはじめる方法からして、まさにド変態。なんと、ゲーム愛好者のほとんどが脊髄に “ポート” (穴)を開けているという状態で、そこに直接ゲーム機を接続してしまうのです。

 このゲーム機がまた、突然変異の魚類と爬虫類の器官を利用して作った(なんじゃそりゃ!!)、いわば、“生きている” もの。見た目もムニムニ、ブヨブヨしています。すっごく気持ち悪そうでしょう? 映像で見ると、ほんとに気色悪いです。「人間て、快楽のためならここまでできちゃうのっ!」 と、妙に感心してしまうくらい、イヤ~な現実感が伴っているから、余計に不気味だったりするのです。

 そんなゲーム機と陰謀に翻弄されてしまうのが、ジュード・ロウ演じるテッドと、世界的な人気を誇るゲームデザイナーのアレグラ(ジェニファー・ジェイソン・リー)。前述しましたとおり、脊髄に穴を開けて、そこに奇怪なゲーム機を接続するんですから、不潔な感じもするし、(じっさい病気になっている人もいるし)、卑猥だし、(じっさいそんな意味合いもこめられているんだと思います)。

 映像的には、こうした不快な場面や嫌悪感を伴う状況などが、延々とつづいていく… といった感じです。この作品を観終わってまず思ったことは、バーグ先生は 「いま」 という世界を的確にとらえているのですけど、そこになにかしら、「回答」なり 「未来」なりを見いだそうとは思っていないようです。ですから、シュールで不気味な映像が次々と目の前をよぎるのですけど、そこに哲学的な意味があったりとか、暴力的な示唆があったりとか、そういったことはぜんぜんないのです。

 ぜんぜんないのです!

 …えーと…?
バーグ先生、わたしの理解力が足りないだけですか…??(汗)

 たしかに、以前のバーグ先生とくらべると、パワーも迫力も落ちていることは確実ですが、はじめからシニカルにとらえていた、と思えば納得できました。陰謀を起こす方も、狙われる方も、傍観者(観客)からするとゲームの一種にしか見えないという、現代社会の本質が失われていくこわさ… これがほんとのテーマだったのでは?











命を狙われているアレグラ
(ジェニファー・ジェイソン・リー)。






小型ゲーム機が、勝手に
ニュルン!って!!
入ってっちゃった!!








新作「イグジステンズ」
発表会にて。








騒動から逃げだした
アレグラとテッドは…



 

 





ゲームの中(?)では、テッドは
不潔な工場に勤めているようで
すが…







 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ジェニファー・ジェイソン・リー
っておブスですよね(←好きな人ごめんなさい)。私もクローネンバーグは何かを訴えたいとかいう高尚な気持ちで映画を作っているのではないと思います。マニアックな嗜好を映像化しているだけでは?(笑 でも私「ビデオドローム」とか好きです。この作品はゲームを題材にしたものにありがちな「じつは自分達じたいがゲームの一部だったのだ」オチが自分的にはイマイチでした。
ユキまま 2008/06/01(Sun)07:25:30 編集
調べ・・・
ジェニファー・ジェイソン・リーで検索してしまいました。
ちっと目がはなれ気味ですね。
この人は知らなかったです・・・
盆踊り URL 2008/06/01(Sun)19:18:20 編集
J・J・リーさんは・・
「トワイライトゾーン」の撮影中に亡くなられたビッグ・モローの娘さんですね。「ヒッチャー」の無残なことになるヒロイン、「他人の眼」の眼が見えない役、「ジョージア」の落ちぶれた歌手など、美人ではないですが個性的で割りに好きですね。
初期のクローネン・バーグ監督は大好きですが「イグジステンス」はパワーに衰えを感じました。相変わらず機械と生物の融合が好きなようで、本作でも歯を弾丸に使った手と同化する銃が出てきましたね。
クロケット 2008/06/01(Sun)22:56:16 編集
J.J.リーさん
>ユキままさん
ジェニファー・ジェイソン・リー、お、おブスですか…?
(でも、たしかに、あんまり魅力的な人ではないかなー、なんて、思ってました…)
「ビデオドローム」はよかったですよね。ひとりになりたいんだけど、孤独だと生きてけない、そんなアンヴィバレントな変態精神が好きでした。バーグ先生は、むずかしいことを考えるより、自身の変態嗜好をとことん追及するほうが、いい作品が作れるのでは…??

>盆踊りさん
またまたチェックが入りましたね!
盆踊りさんは金髪が好きなんですか? それとも、ブルネット派ですか?

>クロケットさん
ええーー、モローさんのお嬢さんだとは知りませんでした!! これはまたまた、貴重な情報ありがとうございます!!
クロケットさんのコメはいつも勉強になりますねー。そんなクロケットさんの意見も、パワー不足を感じてしまいますか… うーん、ファンとしては淋しいですけど、もうちょっとがんばってほしいですよね…!
ななみ 2008/06/01(Sun)23:51:02 編集
う~ん
金髪ですか・・・
モンローやプロンディ(分かりますか?)
みたいな白に近い色はなんというのでしょう?
それも良いです。
盆踊り URL 2008/06/02(Mon)20:53:49 編集
いいなー
>盆踊りさん
プラチナ・ブロンドですね。
ブロンディ、もちろんわかります。
日本人には憧れですよねー、脱色だと、あのきれいな色は出せないんですよね…
ななみ 2008/06/02(Mon)22:01:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃