忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Death Proof
   in Grindhouse

2007)アメリカ
出演…カート・ラッセル
ゾーイ・ベル
ロザリオ・ドーソン
監督…クエンティン・タランティーノ
製作…ロバート・ロドリゲス
★★★★


〔ストーリー〕
 テキサスの田舎町。人気DJのジュリアは女友だちとお気に入りのバーにくりだした。そこへ、不気味なシボレーを乗りまわすスタントマンのマイクという男がやってくる。ジュリアたちはバーで会話するうちに、彼への警戒心を緩めていくが…


 タランティーノとロドリゲスが手を組んだ、アメリカの最強二本立て映画
「Planet Terror」にひきつづき、「デス・プルーフ・イン・グラインドハウス」です。
カート・ラッセル演じる殺人鬼対女子というストーリーなんですが、これまたおもしろいのー!

 オープニングからタランティーノしてます。
仲間同士で集まって、賑やかにガヤガヤやりながら小粋な会話がポンポン飛び交うんですが、今回は女子ということで、さすがにNGワードはあんまりなくて、やや(?)上品気味ですかね。でも、イマドキの女子の姿が自然に描かれていて、わたし的にはそこがけっこう痛快でした。
タバコもっくもく吸います。お酒もガンガンいきます。多少ハラが出ていようが、ホットパンツだって履きますよー! で、ときどきちょっぴり女の子らしいところもあったりしてね…

 噂のカーチェイスですが、迫力満点です。看板に偽りなし。
もちろん、CGなんか使いませんよ! スタントもなしですよ!(←  といいますか、彼女たち、スタントウーマンなんですけどね)。排気筒の音がまたよくて、いかにもって感じなんですが、おおいに盛りあがります。

 カート・ラッセルはイケてる女狙いの専門らしいんですが、殺害方法も捨て身です。わたしはまた、地味~に轢き殺すものとばかり思っていたので、怒濤のクラッシュ・シーンにはたまげちまいました。(…正直、冗長な会話に頭がボンヤリしていたのですが)、このド迫力にはぱっちり目が覚めてしまいましたよ!!

 後半戦も、またいかにもタランティーノって調子がつづくんですが、この映画はそれでいいんです。女子パワーに興奮しちゃってください。メアリー・エリザベス・ウィンステッドのイエローなチアガール姿がカワイイ。
「プラネット・テラー」でヒロインを演じた、ローズも出ています。あと、着メロが「Kill Bill」(2003)なんてお遊びもありますよ。

 







“ジャングル・ジュリア” こと、
シドニー・タミア・ポワチエ。
行儀が悪いのもカワイさのうち。








イイ女狙いの殺人鬼マイク(カート・
ラッセル)。殺すまえに写真を撮る、
なんて趣味もあります。






タランティーノ監督もバーテン役で
出演。鑑賞中に思ったんですが、
この人たち、絶対本気で飲んでま
す!!







ドクロマークのついた殺人カーで、
狙った獲物は逃がしません!!




左から、ゾーイ(ゾーイ・ベル)、キム(トレーシー・トーマス)、
後部座席のアバーナシィ(ロザリオ・ドーソン)、リー(メアリー・エリザベス・ウィンス
テッド)。






 
フェイク予告二本目。
ロブ・ゾンビ監督の「Werewolf Woman
ofthe S.S.」

人気のナチもの(?)に、人狼が絡んでくるもよう。 
出演陣も豪華です。ウド・キアーに、シビル・ダニン
グ、シェリ・ムーンがビシバシ鞭を振ってます!
それに…





あっ、ニコラス・ケイジ!!
なにしてんの、こんなところ
で…








フェイク予告三本目。
エドガー・ライト監督の「Don't」
古典幽霊屋敷モノ? のようですが…



「Don't」の連呼に、えーい、
うるさい! となります。
真面目かと一瞬思わせて、これ
もどうやらギャグっぽいです。
 

                            




これが最後の四本目。
イーライ・ロス監督の
「Thanksgiving」
よくある記念日ものですね。




いちばん観たいの、じつはコレ
だったりして… だって、お約束
の展開もあるしね、ウフフ♪






 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
買っちゃおうかなー。
家庭の平和のためにDVDはレンタルでと
固く心に決めておりましたが、これは
アマゾンで予約したくなります。
USA版のフェイク予告がいいんですよね。
カート・ラッセルの悪役もイカしてる。
でも自分が事故とかにあって家族が
禁断のコレクションを見つけたらどうしようって、心配になりませんか。
奈良の亀母 2007/12/25(Tue)23:28:00 編集
亀母さん♪
わたしはいつも家族に白い目で見られてますよ。
むかし、「八仙飯店人肉饅頭」をレンタルで借りようとして、兄と母に同時に「ダメーッ!!」と、拒否された過去があります。
この作品はコレクションとして持ってても、自慢になりますもんねー♪
でも、DVDって一度買いだしたら、どこまでも際限がなさそうで(深みにはまりそうで)コワいです…
ななみ 2007/12/26(Wed)20:52:05 編集
ついつい・・
ななみさん、亀母さん。
わたしも、レンタル屋にない映画をVHSで見つけると「お宝発見!」とついつい買ってきてしまうので、押入れの中のダンボールが一杯になってしまっています。家族には早く捨てろとせっつかれていますが・・。
クロケット 2007/12/29(Sat)09:19:23 編集
クロケットさん♪
そーなんですよね!
わたしは以前に凝ってた、録画ビデオが山積みになってます。
しかもこれ、タイトル不明になっちゃったりしてて、「いつか整理しよう」とは思ってるんですけど、なかなか実行できません…
だから、もう捨ててもいいような気もするんですけど、でも、やっぱりもったいない気も…
そんなわけで、すっかり片づけられない女になってます(笑)。
ななみ 2007/12/29(Sat)23:27:54 編集
DVDは隠し場所を確保してから。
USAバージョン届きましたぜ。
「デス・プルーフ」だけ急いで観ました。
女の子達のカモシカのような脚線美が羨ましい。
ホットパンツなんて絶対履けん、無理!
日本の居酒屋みたいに旬のおつまみとかは無しで
ひたすら酒を飲んでますが、飲酒運転にならへんの?殺人鬼のお食事シーンもネットリしてた。
ゾーイ達の強さとはじけっぷりは半端ないですね。
借り物の車だっちゅうに。ラストのかかと落とし!
奈良の亀母 2008/03/23(Sun)22:19:18 編集
ついに!
USAバージョン、ゲットですか!!
うは~~、「デス・プルーフ」は、タランティーノ節がたまりませんよね!!
わたしは冒頭の、オシッコもれそう! シーンが大好きです。それから、ダンスシーンもよかったなあ…
カート・ラッセル、殺人鬼の役なのに、女の子たちにフルボッコにされていると、なんだかだんだんカワイそうになってしまいました…
エンドロールも、賑やかで楽しいですよねー♪♪ あの音楽が耳に残っちゃってます。
ななみ 2008/03/23(Sun)23:34:12 編集
スタントマン・マイク
前半の悪ッポイ雰囲気から
後半一発食らってからのダサいトコ・・・
最後はボコボコに、劇場では拍手がおきてました。
確かに自業自得ですが、天下の1997のラッセルくん
ボコボコはかわいそうな気もしました・・・
盆踊り URL 2008/03/24(Mon)22:45:05 編集
みなさん同情的
>盆踊りさん
カートがボコられちゃうシーンで、拍手が起きてましたか!
へえ~、なんだか、アメリカの映画館みたいなノリですねー! 最近CAM映像(劇場でカメラで映画を撮っちゃうっていう、ちょっと違法な映像)をよく見かけるんですが、アメリカの人って、あんまりマジメに映画を観てないんですよ。しょっちゅうクスクス笑ったり、このセリフ、変だよね、この役者さん、下手だよね、みたいな感じです。
1997のラッセルさんは、影もかたちもありませんでした… が、カッコわるいのも、役者さん冥利です!(…かな?)
ななみ 2008/03/24(Mon)23:48:17 編集
六本木ヒルズ・・・
劇場に行った日は、偶然にも外人さんおおかったです。
拍手も外人さん御一行で、つられて日本人も・・
今日レンタルに行ったら『デスプルーフ』もう中古があって
買ってしまいました。そしてボコボコシーンでまた笑い!(^^)!
盆踊り URL 2008/03/25(Tue)23:26:18 編集
ヒルズでしたか
>盆踊りさん、
それじゃ、外人さん多いですよねー、雰囲気もそんな感じになりますし、盛りあがります!
わたしはつい最近まで、映画館って、行儀よく集中して観なくちゃいけないと思ってたんですけど、海外だとそうでもないんですよね。楽しめればいいじゃない、みたいなムードなんですよね。
それから、「デスプルーフ」の中古がもう出ているなんて、オドロキです!! 盆踊りさん、それはお買い得すぎでしょ~!!(← ちょっと嫉妬♪)

ななみ 2008/03/26(Wed)23:03:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃