忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   I Am Legend

   
2007)アメリカ
出演…ウィル・スミス
アリス・ブラガ
チャーリー・ターハン
ダッシュ・ミホック
監督…フランシス・ローレンス
★★★


〔ストーリー〕
 2012年、人類が死滅した地球でただひとり、科学者ネヴィルが生き残る。ネヴィルは孤独と戦いながら、愛犬サムとともに日々を過ごし、無線に希望を託して交信をつづける。そして夜になると、やつらが活動をはじめるのだった…!


 リチャード・マシスンの 『地球最後の男』 の三度目の映画化、「アイ・アム・レジェンド」です。この作品、ウィル・スミスがミスキャストなのかどうか、そればかりが気になっていたんですが、結果からいいますと、
 
 ちっともミスキャストではありませんでした!

 ウィルの演じるネヴィル、とてつもなくシリアスです。
この作品の再度映画化の話を聞いたとき、地味なものになるのではと予想したんですが、半分当たっていました。そもそも、登場人物が極端に少ないのですから、ス
トーリーに起伏を持たせることはややむずかしいかと思われます。
 
 ウィルのネヴィルは、そんな中でも、緊張感と悲壮感をつねにしょってます。孤独感がひしひしと伝わってきます。全体のムードとしては重いほうなんですが、それでもギリギリ娯楽作に踏みとどまっているのは、主役がウィルだから! たぶん、この人ではなく、もっと演技派の役者さんなんかを使ったりしたら、重苦しすぎてアメリカ人にはまったくウケないのではないかと思います。

 そうしたわけなので、荒廃したニューヨークなんか、とても雰囲気よく作っているわりには、
「28 Weeks Later」(2007)のような絶望感はありません。愛犬サムの存在が、映画のなかでも観客にとっても、唯一の救い。

 さて、肝心のモンスター(「ダークシーカー」と呼ばれてます)ですが、個性がなくて残念です! (…そういえば、
「30 Days Of Night」(2007)でも、その点が不満だったような…) 原作では、ネヴィルが杭を持ってヴァンパイア狩りをするんですが、そういったシーンもいっさいナシ。
“究極の孤独に陥ったとき、人はどう反応するか” という、いくぶん難解なテーマに焦点を当てた結果、エンタテイメント性が薄くなってしまったようです。

 が、現代版「地球最後の男」も、けして悪くないです。
男と犬一匹でここまでひっぱるのも、そう簡単なことではないですしね。

 結末も、いかにも予想通り。でも、こういうものが求められているアメリカって、逆に危機的状況なのかも…??





なにが大切って、食料確保がいちばんの問題!
ネヴィルはかなり前向きに生きてます。鹿狩りをしたり、トウモロコシなどを育てて
みたり。













シェパードって、すごく頭いいんですね。
サムはネヴィルのたったひとりの友だちで、
頼りになる相棒。








夜がくるまえに、戸締りも厳重に
しなくてはいけません。








ときおり思い出される、家族との
記憶。精神を病んでいくウィルの
演技に注目。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
レジェンドの意味が全く違う!
皆様のサイトで読み応えのある感想が
続々とアップされております。
原作を全く知らなかったら楽しめたのになあ。この映画では主人公はあくまで人間
として英雄的な最期を遂げるのですね。
救世主伝説になる訳です。原作では新人類を情け容赦なく狩る「伝説の怪物」として
新人類に処刑されます。ドラキュラとして
嫌悪の対象となり退治されるのです。
ラストを英雄にしないとアメリカでは評価
されないのかなあ。
奈良の亀母 2007/12/23(Sun)15:01:21 編集
亀母さん♪うーん、
いまのアメリカで原作そのまんまを映画化するのは、かなりむずかしいかと思われます…
けっこう、ヨーロッパのほうが、そういうことは気にせず無邪気に作れるのかもしれませんね。
CG全盛では、怪物のリアリティも薄れてしまいますし…
うーん、
だれか、分岐点となるようなすごい作品を作ってもらいたいもんです。
ななみ 2007/12/23(Sun)22:37:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃