忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Bad Biology


(2008)アメリカ
出演…シャーリー・ダニエルソン
アンソニー・スニード
トム・コフート
監督…フランク・へネンロッター
★★★


〔ストーリー〕
 生まれつき〇〇が〇〇もあって、異常な性欲の持主である、新進気鋭の女流写真家・ジェニファー!! 彼女は毎晩運命の出会いを求めて夜をさまようのだが、彼女を満足させてくれる男性とはついぞめぐり会えないでいた…
 一方、生まれつき〇〇が〇〇もある、やっぱり自分の異常さに悩んでいるバズという青年!! 彼はいうことをきかない〇〇の性欲を増強させるために、日々薬漬けの虚しい毎日… そんな彼らが、運命の出会いをはたしてしまうと…?!?! 


 へネンロッターの16年ぶりの新作が、ついに、ついに登場ですっ!!

 …ふう、あらすじをど~う書いたらいいものか、ちょっと考えこんでしまいました… 聞きしにもまさる怪作なんですよ。そしてまた、これが潔いこと、おもしろいこと、ちゃんと映画になっていること!!最初はどんなことになるやらと不安もあったのですが、へネンロッター監督にそんな心配は無用でした。だってこの方、日陰ものの、コメディとブラックと哀愁を織りまぜた彼特有の作品を撮らせたら、まさしくお手のものですもんね。

 ついでに、もしかしたらこの作品、へネンロッター監督の最高作品になっているかもしれません。それくらい、とてもよくできていると思います。

 ヒロインのジェニファーを演じるのは、無名の若手女優、シャーリー・ダニエルソン。彼女がまた、一見知的で、清純そうで、金髪の色白カワイイ美人さんなんですが、そんな彼女の口から、「わたしはク~…スを7つ持って生まれたの…」という、衝撃的な告白からはじまるこの作品。へネンロッター監督というと、そうです、ド変態ちっくです。いかがわしいです。あからさまです。でも、かつてこんなに、あからさまで卑猥なテーマを扱った映画があったでしょうかーーー?!

 ジェニファーは、その特異体質から性欲が並外れて強く、辛抱たまらず、しょっちゅう男を誘っては性的満足を得ようとします。でも、その快楽は結局かりそめのもの。心から満たされた経験がありません。ついでに、最中に写真を撮るのがくせです。写真家ですからね。あ、たまに興奮して、相手を殺しちゃったりもします。行為の直後には、あっという間に産気づいて出産してしまうという、さらにすごーす・ぎ・る(!!!)特異体質が追加オプションであったりもします。

 一方、ジャンキーのバズ青年を演じるのは、やはり無名の新人、アンソニー・スニード。バズのほうは映像化可能ですので、そのすごさをみなさんもしみじみ実感できると思います。…といいますか、コレ、人体の一部というよりはエイリアンですよね! バズの 「それ」 は意志をもっていて、年中薬漬けにしていないとおとなしくしていてくれません。かなりの暴れん坊さんです。たまに売春婦を拾ってくるのですが、彼とエッチしてしまうと、あらら~、と、とんでもないことに~…!!

 全編抱腹絶倒の、超エロ・グロ・バカ・コメディ・ホラー映画。といっても、もちろん女性のヌードだらけなのですが、これが驚くほどエロ・グロしていなくて、猥雑な主題のはずなのに、妙にさわやかでほのぼのストーリー。これだけ(ある意味)危険な要素をとりいれておきながら、映画としてきっちり機能していて、なおかつキッチェなファンタジーになっているところなんか、ほんとにすばらしいと思いました。
 もちろん、そこにはへネンロッター監督の腕もあるのですが、主演のふたりのピュアな魅力も大きいと思います。

 一応バカ映画を装っているんですが、その裏には、快楽を得るためのセックスの真の意味とは? 性のアイデンティティの複雑さや、ハンディキャップを背負った男女の、他人にはけして理解されない哀しい物語… といった、さまざまな深遠な問題提起が隠されていたりもします。「Teeth」(2007)は青春映画していましたが、こちらはより即物的に、直接的に観客にうったえてくる大人映画。でも、大人だって、こんなに悩んだり、あがいたりするんですよ!

 へネンロッター監督というと、「時代に逆行した映画を撮る方」 というイメージばかりが強かったのですが、これはぜんぜん新しいです。むしろ、オシャレです。真実の愛を求める男女に訪れる、最終的な運命とは…? 役者さんたちがのびのび演技している姿がとてもよかったですね。とくに、ジェニファー役のシャーリー・ダニエルソンは、ほんとに新人さんですか? 









写真家ジェニファー。
おとなしそうに見えます
けど、彼女にはすんごい
秘密が…!!






ヤク中青年バズ。
こっちもおとなしそう
ですが、彼にもすん
ごい秘密が…!!








あ、
また殺しちゃった…









あーん、
また産まれちゃったーん







バズのほうも忙しいこと
になってます。 
もーう、どうにかして!!






バズとエッチした売春婦
は、なんかすっごい
状態になっちゃって
ますが…!?!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
どうもです!
久々に良い場面が・・・
しかし、なんかすっごい状態って・・・
気になりますですはい!死んじゃってる?
盆踊り URL 2009/03/12(Thu)23:16:07 編集
そうなんです!
>盆踊りさん
あれはですね、アヘアへ状態がン時間もつづいちゃってる~って、とこですね。
オーガズムも感じすぎるとヤヴァイということですね。
よくいうじゃないですかー、エッチは臨死体験とおなじだって!
全編おヌードがサクサク登場するんですが、ぜんぜんやらしくありませんでした。ヒロインのシャーリーさんがかわいらしかったです。
内容的には、ほのぼの能天気なバカ・ホラーですね… ええと、ホラーですかね? じつはマジメな映画だったりして?
盆踊りさんの感想をぜひぜひ聞きたいですね~♪
近いうちに観ちゃってみてださい!!
ななみ 2009/03/13(Fri)17:57:04 編集
この内容なのにいやらしくないと…
いうと、作家の姫野カオルコさんが似たような題材で面白い話を書いてたりするので、読んでみてください。『受難』です。処女のオ○○コに人面瘡ができて、彼女を罵倒するんです。
この映画も面白そうですね~。でもうちのダンナはこういうユーモアを解さない人のような気がするから一緒には見れないな~。
ユキまま 2009/03/14(Sat)14:11:42 編集
じつはですね
>ユキままさん
姫野カオルコさん、気になっていました!
一応(?)女性の方なんですよね? それにしても、なんてきわどそうでおもしろそうなテーマ…♪
卑猥な問題でも、飄々と風刺しちゃうところが楽しいですよね、この手の作品って。
これでヘネンロッター監督の印象がだいぶ変わった気がします。
わたしもじつは、こっそり鑑賞でした。(どーしても家族の目が気になっちゃったので…)
ななみ 2009/03/15(Sun)23:28:30 編集
この映画・・・
字幕なくても分かりますか~
ちょっと欲しいかもです・・・
なんかすっごい状態を観てみたいのは私だけ?
盆踊り URL 2009/03/18(Wed)07:28:47 編集
ちょっときびしいでしょうか
>盆踊りさん
字幕なしでも一応わかる内容なんですけど、モノローグが多い作品なので、あったほうがずっと楽しめる気がします。
これは日本版が出るまで待っていたほうがいいかもしれません…
え? 待てません?
困りましたねー、
すっごい状態も気になるところですけど、バズの〇〇の暴走もオススメなんですよ。
ひとり暮らしのグラマーな美女ばかりが標的に!!
ああん、そんなことに!!
って、煽ってどうする!!
ななみ 2009/03/19(Thu)00:03:43 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Martyrs  | HOME |  The Burrowers >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃