忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Rabid Grannies



(1988)ベルギー/フランス/オランダ
出演…キャサリン・エメリー
キャロライン・ブラックマン
リチャード・コティカ
監督…エマニュエル・ケルヴィン
★★☆


〔ストーリー〕
 莫大な資産を持つレミントンの屋敷で、年老いた姉妹エリザベスとビクトリアの誕生日会がひらかれることに。これは毎年の恒例行事で、親族たちは遺産相続を目あてに続々と各地から集まってくる。和やかな雰囲気のなかで食事を楽しんでいると、不思議な木箱が届けられる。届け主は一族からつまはじきにされたクリストファー。エリザベスとビクトリアは彼が改心したと思って、大喜びで箱をあけてしまうのだが…


 邦題は「悪魔の毒々おばあちゃん」となっていますが、あの「毒々」シリーズとはなんの縁もゆかりもございません! 配給がトロマなので、こんなタイトルになってしまったようなのですが、これはめずらしいベルギー産のホラー。ちなみに、写真の女の子もおばあちゃんたちも関係ありません。
 
 原題を直訳してしまうと、「凶暴なおばあちゃんたち」。まーあ、なんてステキなタイトルなんでしょう! ステキなタイトル通りに、オープニングもうきうきしてしまうはじまりなんです。

 大金持ちの老姉妹のエリザベス(ダニエル・デイヴン)とビクトリア(アン・マリー・
フォックス)、彼女たちは誕生パーティーをひらくにあたって、親族らを迎える用意をはじめます。使用人たちは部屋の準備や料理に大忙し。なにやらクラシックなワルツにのって、品のいい、穏やかそうなおばあちゃんたちが食材を手に入れるために奔放します。そこには、ヨーロッパののんびりした田舎暮らしに守られた、貞節な上流社会というものがあります。

 集まってくる親族たちはというと、当然遺産のことしか頭になくて、家族連れ(妻は美人)は幼い子供に「おばあちゃんが死んだらね」なんていってるし、会社が傾きかけて資金繰りに困っているオジサン(若い嫁も美人)もいるし、道楽アホ息子もいるし、オールドミスもいるし、うさんくさい神父もいるし、武器商人もいるし、レズビアン(交際相手が美人)の雑誌編集長もいるし…

 なんだか賑やかで、とっても楽しそうな雰囲気です。この作品が “トロマの隠れた傑作” と呼ばれている理由が、わかる気がします。キャラクターがよくできていておもしろいですし、あと、美人度が高いです! ホラーはやっぱり美人がいないと、盛りあがりませんもんねー。
 
 楽しい誕生日会がはじまって、親族たちはみえみえのおべんちゃら、そこにナゾの木箱が届きます。送り主は黒魔術に傾倒したために、絶縁された状態にいたクリストファー。のんきなおばあちゃんたち、「あの子もとうとういい子になったのね!」と、感激して箱をあけてしまうと…

 遺産目当てでおばあちゃんたちの死を願っていた親族たちが、バケモノに変身したおばあちゃんに次々と殺されちゃう!! というブラックで痛快なお話です。ブラックで痛快すぎて、子供にまで手を出しちゃったりするんですが… そこはまあ、おばあちゃんたちのユニークさに免じて許してあげましょう。

 ばかばかしいお話ながら、ちゃんと作りこまれていて、スプラッターも過激でグロテスク。随所に笑いをさそいます。おばあちゃんのメイクがチープで懐かしい雰囲気ですね。日本人からすればニヤニヤ笑いなんですが、海外だと爆笑シーンの連続なんでしょうか。美人が何人生き残れるかは、観てのお楽しみです








屋敷の台所にて。
「ぐずぐずしている
暇はないよ!!」
← この方もこわい
ですけど、バケモノ
にはなりません。








美人発見!
歌手のアリス
(P・デイヴィア)。









おばあちゃんは温厚で
やさしいはずが…











え?
ど、どうしたの??











まあ、おばあちゃん~、
なんてお口が大きいの!!







  
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日本語吹き替え
これはまだ見ていませんが、先日、日本語吹き替え版のビデオを見つけました。吹き替えはロミ・山田さんと塩沢ときさんでした。どんな吹き替えになっているのか楽しみです。
クロケット URL 2009/03/25(Wed)00:57:41 編集
吹き替え
>クロケットさん
吹き替えは楽しそうですね~!
この作品は隠れた佳作だと思います。おばあちゃんの吹き替えはどんなふうになっているんでしょう?
ロミ・山田さんと塩沢ときさんのふたりは、案外似合っているかもしれません。
わたしもぜひ吹き替えで観てみたいです。そちらのほうが笑えるかもしれません。
ななみ 2009/03/25(Wed)23:48:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< From Within  | HOME |  Frayed >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃