忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  Somos lo que hey



(2010)メキシコ
出演…フランシスコ・ヴァレリオ
ミリアム・バルデラス
アドリアン・アクーレ
監督…ジョージ・マイケル・グラウ
★★★


〔ストーリー〕
 ある日突然街中で、男性が倒れて死んでしまう。彼の死因はどうやら、心臓発作だったらしい。
父親が突然死したと知ったその家族、妻とふたりの息子、娘たち4人は、途方にくれてしまう。なんと、貧しい一家は子供たちを育てるために、人肉に手を出していた!! 食糧を調達する役目だった父が死んでしまった以上、これからは、自分たちでどうにかにしなければならないが…


 メキシコの不思議な人喰い一家ドラマ。
メキシコっていうと… うん、あれだ!!

 タイトルから、ニューロティック・ホラーかなと思ってたんですけど、(英題では、「We are what we are」)、カニバルホラーだったのですね。わりとシリアスなドラマでして、カニバル要素はあんまりないです。そう残酷じゃないから、映画好きな人たちにもうけいれやすそうです。

 お話は、とある男性が街中で突然死しちゃうところからはじまります。彼は、ショーウィンドウのなかのマネキンに心を奪われて… じゃなくて、ショーウィンドウに映った自分自身にショックをうけてたんですね。で、そのまんま、ズキンとなって、倒れて死んじゃう。

 そのころ、スラムな界隈に住んでいる家族たち、母アドリアナ(アドリアン・アクーレ)と長男アルフレド(フランシスコ・ヴァリレオ)と次男(名前、ド忘れ!!)、末娘のサビーナ(ミリアム・バルデラス)。
夫がもどってこないことを心配する母は、兄弟たちに、父のかわりに店をひらくようにと強要します。父は一応時計職人でしたが、それだけではとてもではないが、食べていけません。おまけに、新しい地主を名乗るオバサンから、場所代を払わないやつは置いておけないと、追いだされてしまう。そして、とうとう父の訃報を知ることになり…

 唯一の稼ぎ手(というか、食糧調達役だった)父親が死んじゃった手前、いままで人肉を食べてきた家族たちはどうするのか?? そういうお話。ですから、ホラー… じゃないんですよねー、なんか、不思議な雰囲気のドラマなんです。

 まず、彼らがなぜカニバリズムになったのか?
というか、カニバリズムの必然性が、さほど感じられず… うーんと、必要に迫られて、とか、あくまで趣向、とかわかりやすいのじゃなくて、なんか、もうすでに生活の一部だから、みたいな前提のもとにストーリーが進んでっちゃうので… あれれれ? 緊張感とか、緊迫感とか、そういうのも感じられない。
もしかして、彼らは人間とはべつの種なのでは? なんて、深読みさえしちゃう曖昧さなのです。

 で、さほどリアリティもなくて、ホラーでもなくて、なんでけっこう評価が高いのかというと、家族のドラマはまあまあ、思春期の息子・娘たちの成長(というか、父が死んだことによって迫られる自立の過程)が、けっこうよく描かれている。

 おもしろいなと思ったのは、人喰いって、いままでは対象がホラーな被害者(都会からやってきた旅行者とか、道に迷っちゃったドライバーとか…)いきあたりばったりだったんですけど、この作品では、ちゃんと選んでます!!
この選び方も、自分より弱そう~ とか、襲いやすそう~、というのではない。ようは、セックス・シンボルなのです!!!

 これはちょっと、新鮮ですよねー。でも、考えてみれば、好みじゃない人間なんて食べたくないかも… っていうか、おいしそうじゃないかも!! 脂ぎったきちゃないオッサンとか、ぜったい食べたくないですもん。三段腹のきちゃないオバサンも、ぜったい口に入れたくないと思うー。

 ママのアドリアナは、ヒステリックでちょっとこわいです。
長男のアルフレドはマジメで不器用、次男は感情的で暴力的。そして、末娘のサビーナは…

 メキシコっていうと、わたしはもっともこわい犯罪国家ってイメージがあります。ホラーな事件や死体なんて、日常茶飯事みたいな。だから、人喰い程度では、たいして衝撃的な題材ではないのかもしれません。それだから、カニバリズムの殺人鬼も、悩める一市民として描かれているのかも…?

 煮えきらない感がやたらウズウズするんですが、これはこれで楽しめます。それから、ラストはホラーでス・テ・キ あなたがカニバル好きでも、文学好きでもあっても…












手前が次男、不器用すぎる長男。




カニバルだけど、
悩める乙女。









ママ、こわいよ!!










兄妹たちは悩んだ末に…








ハント、
無理やり決行!!!







PR
  Tucker & Dale vs Evil


(2010)カナダ
出演…タイラー・ラビン
アラン・テュディック
カタリナ・ボーデン
監督…イーライ・クレイグ
★★★


〔ストーリー〕
 タッカーとデイルは親友同士、気のいい田舎者。ところが、都会からキャンプに訪れていた若者グループと出会ってしまったことから… 彼らに危険人物と思われてしまい、沼で溺れかけた仲間のひとり、アリスンを助けた現場を、彼女を襲っていると勘ちがいされてしまい…?!?


 ひさびさのアタリなコメディ・ホラーでっす!!
本作は、田舎ホラーのパロディかと思わせて… じつは、田舎男に萌える映画だったりしますー

 監督のイーライ・クレイグは、これが初の長編作品だそうです。「The Rage: Carrie 2」「キャリー 2」1999)にも出演されてるところを見ると、もともとホラー好きの方なんでしょうか。非常にテンポがよくて、最後まで楽しく観ることができました。家族でも安心してご覧になれる、ホンワカしたハッピーなホラー映画です。

 とりあえず、解説です。
タッカー(アラン・テュディック)とデイル(タイラー・ラビン)は、親友同士。タッカーはどこにでもいる、田舎育ちの気のいい兄ちゃんで、デイルはちょっと頭が弱くておひとよし。タッカーが兄貴分で、デイルにいろいろと教えてやっているって、関係ですね。そこを、なんにも知らない都会の若者集団がやってくる。

 若者集団はチャド(ジェシー・モス)をはじめとする、総勢8人。そこには美人のアリソン(カタリナ・ボーデン)もいて、デイルはいっぺんで彼女に惹かれてしまいます。けれども、田舎免疫のない若者たちは、ふたりの粗野な恰好におそれおののいて、勝手に脳内危険人物に指定してしまいます…

 その晩、湿地帯で魚釣りするタッカーとデイル。
すぐ近くのキャンプ場からやってきた、バカ騒ぎする子供たち。

 偶然アリソンの姿を見かけたデイル、彼女を驚かしてしまい、水のなかに落としてしまいます。どうにか彼女を救出するふたりですが… その姿を物陰から見ていた若者集団、なんと、アリソンが襲われているー!! と勝手に勘ちがいしてしまうのです… そこからはじまる、おバカな自滅型ホラーです~。

 図式としましては、田舎モンと悪ガキを戦わせてみたら、田舎モンのほうが強かった!! という、お話。
若者集団のリーダー的なチャドがまず、ちょっぴりアブナイ傾向があります。んで、他7名はアホの子ときているから、事態はどんどんいらん方向に突き進んでしまう… あとやっぱり、海外の田舎って、都会人をバカにするのが常なんですかね。

 こういう、勘ちがいからくる自滅型ホラーってありましたでしょうか? なんか、あるようで、ないような、でも、あるような…
田舎ホラーのパロディということで、いろんな田舎要素が入ってきて楽しいです。田舎はまず、致命傷になりそうな農具がたくさんあるからいいですよね! ウフフー、どれを使うの? と、おおいに期待しちゃいます。

 コテコテのホラーのように見うけられますが、じつはギャグ要素はすくなくて、あくまでテーマだけで笑わせてやろう、という意気込みの感じられる作品。だから、細かいところも芸が凝ってておもしろいのです。ハチに刺された箇所が地味~ にひいてくところなんか、本編とは関係ないんですけど妙におかしかったです。

 ふたりの登場シーンのおおげさな音楽から、笑えちゃう!
タッカーの男気も惹かれるのもよし、デイルたんに萌えるのもよし。そして、デイルたんの恋の行方は…??(← じつは、こっちが本筋だったりするー)。

 結論としましては、アホな子は敵にまわしてはやっかい、味方にしても頼りない… たいして、田舎モンは敵にまわすとおそろしいし、味方にするとけっこうなサポートになる!! と。自然に囲まれた生活と力仕事が、彼らを無敵にするのですか…??

 このふたりの顔にピンときたら、ぜひともご覧になりましょう!!











なんでこうなるの?








だからー、
なんでこうなるのっ!!











アリソンの姿に見とれて
しまったことから…











なんでこうなる
NOーーー!!!









…だから、
な、なんでこうなるの??







   Dead Space:
     Aftermath


(2011)アメリカ
出演…リカルド・チャビラ
カート・コーネリアス
エリン・フィッツジェラルド
監督…マイク・ディサ
★★☆


〔ストーリー〕
 西暦2509年、地球は惑星採掘船USGイシムラとコンタクトがとれなくなっていた。しかし、USGオバノンが派遣したレスキューチームが、破壊した宇宙船から四人の生存者を発見する。なぜ、彼らなのか? なぜ彼らだけ助かったのか? 研究員はマインドコントロールを使って、彼らの深層心理に入りこむのだが…


 今回は、まーーーったく、趣味の分野のレビューなのです!!!
ですので、どうか温かい目で、サラッと受け流してやってください。

 さて、とうとう発売となってしまいました、「Dead Space2」のスピンオフ・アニメーションです。
デモ・ムービーとか観たんですけど、敵、こあいよ!! 強すぎるよっ!! とりあえず、気合の入りまくった内容になっているようなのです!

 話が逸れてしまいましたが、アニメーションの解説をしておきます。

 一応前回の続編になっているらしく、事後の世界。オバノンは生存者4名を救出しますが、この4名は2人の兵士、そして科学者2名。なぜ、彼らだけ助かったのか? という疑問から、ひとりずつマインドコントロールで事情を聞いていく、という流れです。

 今回は、CGと手書きアニメのミックス。CG部分はゲームっぽくて、入りこみやすいんですが、手書きアニメになると、ありゃりゃ? キャラが百八十度変わってしまいます。なんなの、これ? えーと、新しい手法? (← …って、なんの??)と、えらくとまどってしまいますが、登場人物がすくないですから、落ち着いて考えればわかりますでしょうか。

 それでもわからないの! という方のために…
①サージェンコ兵士
黒人。ガタイのでかい人。ヴィヴィア~ン、待って~、うふふ~ と、始終頭がふわふわしてます。ついでにチーム随一の疫病神だったりします。この人が、奇妙な建造物の破片を拾ってしまってことから…

②アレジャンドロ
片腕マシン。気性は荒いけど、案外頼りになる人。だが、それだけである!

③ノーマン博士
オドオドしてます。戦力にはなりません。おなじ科学者仲間のアレクシスから、「ち! 触るんじゃねーよ、クソがっ!!」と、いつも蔑まれています。

④アレクシス博士
クレオパトラ顔だから、唯一見わけがつくかと思ってたら… やっぱり手書きシーンになると、あぼーんでした。アハーン なシーンが多いです。アハーン ときたら、彼女と思いましょう。でも、どうせなら、CGでもアハーン してくれよ!

 ゲームをやったことがない方でも、わりと楽しめるストーリーになっています。残酷描写も全開。ただし、今回はストーリーに重点を置いたため、肝心のエイリアンの登場がすくなくて、やや不完全燃焼。そこが不満でしょうか。

 次回からは、ちゃんとした映画レビューにもどりたいと思います。すいません!!
それにしても、わたしは「クロックタワー」のつぎくらいに、期待しているんですけど… あの、その… 実写版はまだですか?












CG部分。








アニメ部分。















(デモ・ムービーから)ちびっこエイリアン来襲!!!















こっわ~、無理、ぜったい無理!!!













どー考えても無理!!死んでも無理!!!!








   Amer


(2009)フランス/ベルギー
出演…カサンドラ・フォレット
マリー・ボス
監督…ヘレナ・カテット
ブルーノ・フォーザニ
★★☆


〔ストーリー〕
 高台の邸宅に両親と暮らす、少女アナ。祖父を亡くしたばかりで、一階の部屋には遺体が安置されていた。ふとした好奇心から、死体が握っていた懐中時計を盗んでしまったため、奇怪な悪夢に襲われるようになり…


 懐古趣味満載の、フランス産ジャーロ。
たしかにオープニングから、クラシックな香りがぷんぷんするんです… という、触れこみだったのですが…

 よくも悪くも、フランス映画でした!!
ということでして、正直わかりづらいんです~~

 OPから30分までがとにかく、つらい、ああ、つらいです。ですので、この30分さえ乗りきれば、あとは勝ったも同然!! (なんで勝負しなくちゃいけないのか、よくわかんないんですけど~(笑)

 フランス・ホラーはハズレなしだと思ってたんですが、たまーにこういうのも出てきてしまう。それで、誤解を承知でこんなこと書いてしまいますが、フランスってこういうのを至高! とか思ってるかぎり、ハリウッドから敬遠されちゃうと思います~。

 上記の説明だけでは、たぶんきっと、わけワカランとなると思いますので。本作は一応、三部作っぽいつくりとなってます。

 ①少女時代のアナ(カサンドラ・フォレット)
高台の不気味な邸宅に、両親と暮らすアナ。祖父が死んだばかり、しかし母親は嘆き悲しんでいる様子はありません。祖父の遺体から懐中時計を盗んだことから、喪服姿のナゾの女に襲われたり、よみがえった祖父に襲われたりと、いろいろとこわいめに…

 ②娘時代のアナ(シャーロッテ・ユージン・ギボート)
それから十数年後。
すっかり大人になったアナ、瑞々しい若さで男どもの視線を集めて、そんな自分が楽しくって仕方ありません。
いっぽう母親は、そんな彼女にひそかに対抗心を燃やしているようなのですが…

 ③中年期のアナ(マリー・ボス)
それからまた、十数年後。
すっかり成熟したアナ、白髪を染めていた母を内心バカにしていましたが、その母と同年代になりました。色っぽいおねいさんとなりましたが、いまだ独身。また、母のきびしい躾のせいか、男性恐怖症ぎみでもあります。
その母も亡くなったようで、遺産相続した彼女は、かつての高台の邸宅へとむかいます。さて、その目的とは…

 こうやって書いてみると、一応ストーリーとして映画が成立しているように思えますが、じつはセリフはほとんどなくて、登場人物のドアップばっか(笑)。これ、顔面恐怖症の人が観たら、たまらない内容だと思います。とにかくドアップ、ドアップ!! 細かい流れをいいますと、

 キャラクターのドアップ!→ ドアップ!→ ドアップ!→ 象徴的なシーン → ドアップ!→象徴的なシーン → ドアップ!→ 意味深なシーン → ドアッ(しつこいので、このへんで…)

 こんな映画なのですよ。
美男美女のドアップだったらまだしも、本筋とは関係のないオッサンのドアップだとか、オッサンの唇のドアップだとか、オッサンのモミアゲのドアップだとか…(ああまたドアップ連呼、すいません…)

 こういう映画、好きな方はたぶん好きなんだと思います。たしかに、撮り方はおもしろいんですけど。
ですが、ギャスパー・ノエの「カルネ」(1991)を観て、なんだかなーと思ったわたしには、いまいち興味深さや知的さが伝わってきませんでした。映画にくわしい方がいましたら、ごめんなさい。

 ついでに、途中、何度もこれ、ホラーだったよね? と、確認したくなりました。
黒手袋が登場するのは、ラスト20分を切ってからです。黒手袋さえ出せば、ジャーロと呼んでいいと思ってるのか、責任者呼んでこい、コラー!! と、文句いいたくなりますが、まあ、最後の剃刀の執拗ないたぶりが痛そうだったので、ここは許してあげましょう。

 あと、ラストの超展開は、ちょっとびっくりするかも… って、ほどでもないか。まあー、これも予想範囲内。ようするに、〇〇モノってことです。











赤と青。
バーヴァですか。








ママの〇〇を
目撃しちゃった!!






娘盛りのアナは…








ちょいエロ画像。









色っぽいおねいさんと
なりましたが…







   Shadow


(2009)イタリア
出演…ジェイク・マクスワーシィ
カリナ・テスタ
ノート・アーキント
監督…フェデリコ・ザンパッリォーネ
★★★



〔ストーリー〕
 マウンテンバイクでヨーロッパの山岳地帯を旅行中の青年、デイヴィット。途中、山小屋のバーで柄の悪い2人組に絡まれていたアンジェリクを助けたことから、以降ふたりで旅することに。しかし、柄の悪い2人はハンターで、彼らが鹿狩りするところを故意に邪魔したことから、つけ狙われるようになり… “シャドウ” と呼ばれる、危険な山に足を踏み入れてしまう…


 ちょうどフランス・ホラーでおなじタイトルのものがありまして、すっかり混同していました。正しくは、フランス産のものが犯罪心理が絡んだサスペンス、こっちはシンプルな拷問ホラーです。

 マウンテンバイクで旅する青年、デイヴィット(ジェイク・マクスワーシィ)。山の中腹のバーに立ちよると、そこには先客の美人アンジェリク(カリナ・テスタ)が。ラッキー これはもしや、運命の出会い…? などと、ひそかにわくわく期待していると、やってきました、地元の柄の悪いふたり組み!!

 美人なアンジェリクはさっそく目をつけられてしまい、デイヴィットは男らしく彼女をかばうのですが… しかし、この時点ではどうにかセーフ。危機を脱出、おまけにアンジェリクと仲よくなって、いっしょにキャンプして旅する仲に。

 でも、悪い縁というのは切っても切れないものなんですねー、鹿狩りをしていた例のふたり組みとふたたび鉢あわせ、アンジェリクは鹿を助けようと、故意にハントの邪魔をしてしまいます。

 これが彼らの怒りを買って、恐怖のデットチェースのはじまりに。こっちは自転車、むこうは車、おまけに犬も連れてます! 必死に逃げまわるデイヴィットらは、いつしか “シャドウ” と呼ばれる危険な山に踏みこんでしまうのですが…
 ここまでが前半。後半から、ようやくお約束の拷問人(ノート・アーキント)が登場します。

 この手のものは、観すぎるほど観てきた感があったのですが… ポイントさえ押さえていれば、いくらでも観れちゃうものなんだと納得しました。まず、シンプルな作りがよいです。拷問人が登場するまでに時間がかかるのですが、これが一種の伏線にもなっています。

 そしてこの拷問人、最初はたいしたことない? ぐらいに思ってたんですが、拷問するときの力み顔や不気味パントマイムなんかが、キモイ、キモイー!!! 完全にイッちゃってます、この人!!
横顔なんか、ノスフェラトゥみたいだし、こんなキモイ男にとっ捕まったデイヴィットくん、無事逃げだすことができるんでしょうか?? などと、ハラハラしながら観る映画でっす。

 …でもですね、真相が明かされたとき… キモイ拷問人、ただのキモイ拷問人ではなかったのではないか? という考えが生まれてきます。要は、デイヴィットくんの行動ひとつにすべてがかかっていると!

 前半部分の伏線がもうすこし丁寧だったら、佳作になったのでは、と思われる出来。ですが、おもしろかったのでさり気にオススメしておきますー あと、この監督さんはチェックしておいても損はないかもしれません。

 じつは、オープニングのデイヴィットの独白に重要な意味が隠されていると。
衝撃のラストは、みなさんでご確認を!!












アンジェリクと、
デイヴィット。








極悪人登場!!
(でも、
犬は愛してるの!!)









キモイ拷問人。
まずは背中から。










…横顔…











恐怖の拷問ショーの
はじまり~!!!







   I Spit on Your Grave



(2010)アメリカ
出演…サラ・バトラー
ジェフ・ブランソン
アンドリュー・ハワード
監督…スティーヴン・R・モンロー
★★★



〔ストーリー〕
 女流作家のジェニファーは新作を書きあげるため、ひとり別荘にむかう。途中、スタンドで地元の男性と仲よくなるが… この連中、とんでもない男たちで、ジェニファーは彼らにのぞき見されていることに気づかない。そしてとうとうある晩、彼らは別荘に踏みこんでくるが…


 直訳すると、「おまえの墓に唾吐いたるわっ!!」(「おまえの墓の上で踊ったるわ!!」より、インパクトある表現なんだと思う… たぶん)。

 ええと、78年の「発情アニマル」のリメイクです。しかしこのタイトル、一度観たら忘れられませんね。ホラーじゃないみたいです。

 誠に残念なことですが、このオリジナルを一度も観たことがないのです。なので、比較することができなくて、申しわけないんですが… わたし的には、けっこうおもしろかったかな。
予想していたほど悲惨さがなくて、これはこれで、エンタメ映画として成功しているんだと思います。

 簡単なあらすじを書きますと、
美人作家のジェニファー(サラ・バトラー)が新作を書きあげようと、ひとり森のなかの別荘にむかう。そこで地元の連中に暴行されて、心身ともにボロボロに。川に落ちて死んだはずのジェニファー、翌日から復讐の鬼と化して、男どもをつぎつぎ血祭りにあげていく。
こんな内容ですー。

 オリジナルは、それはもう、レイプシーンがすごい、ひどい、ひどすぎる!! と、噂に聞いておりました。それでヒヤヒヤしながら観たんですけど、なんてことはない、やっぱりクラシック・リメイクの「The Last House on the Left」「ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト/鮮血の美学」2009)みたいな感じです。スリルやサスペンス性を前面に押しだして、不愉快な場面はそうでもなく。

 まず、レイプする側もされる側も、わりかしこぎれいな方たちなんで、画面じたいに悲壮感や暴力性がそう感じられないです。イケメンがいたり、知的障害者がいたり、悪徳警官がいたり… で、悲壮感がそう感じられないって、映画としてはマトモな部類なんだと思います。前半は、こぎれいなレイプ映画! 後半から、どんな復讐劇がはじまるのかとwktkする映画!!

 映画そのものはまあまあの出来。一般的にもかなり楽しめると思います。レイプ犯たちが徹底したクズとして描かれているので、後半の復讐劇にも抵抗を感じない。これって、弱い者イジメすると、いつか必ずしっぺ返しを食らうよ!!ていう、教訓話ですよね。あと、被害者の報復活動も正当化してますね。

 一応おもしろい映画なんですけど、ひとつだけショックなことが…

 それはですね、
わたしがひそかに注目していた俳優さん、アンドリュー・ハワードが~~、アンドリュー・ハワードが~~~、

 ただの小悪党になっちまってる件!!!!

 いえ、この映画では、小悪党設定でいいんですけどね!! ただ、あのカリスマ性は? ねえ、危険な色気はどこにいっちゃったの?? と、そればかり気になって、肝心の映画のほうがあんまり頭に入ってきませんでした。ぐっすん。。。

 映画はよくある復讐劇でして、後半からの創意工夫を凝らした殺害方法がたいへんよかったです。アレしたりとかね、コレしたりとかね でも、山小屋の楽しそうな武器を使わなかったのは、ちいと残念でした。ついでに、鋏で去勢するシーンですけど、ただ〇〇するだけかよっ!!と、つっこみたくなりますが。

 あーあ、アンドリュー・ハワードもただの悪役になっちゃった。この人、これからもこんな役ばっかりやっていくんだろうなーと、ありし日の彼を偲びつつ、今回はこのへんで…











女性のひとり歩きは
危険なんですよ!!









あーあ、
いわんこっちゃ…








ボロボロに
されちゃいました…






ウフフ、
やっぱりイジメる方が
楽しいヮ








この後、
あうあうーな展開に!!







カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃