忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    Beneath



2007)アメリカ
出演…ノラ・ゼヘットナー
マシュー・セトル
ガブリエル・ローズ
監督…ダゲン・メリル
★★★


〔ストーリー〕
 子供時代、車の運転をしたいとせがんだばかりに、大好きな姉ヴァネッサを死に追いやってしまったクリスティ… その姉の死も、けして慈悲深いものではなく、長く過酷なものだった。クリスティ自身精神を病み、意識の喪失と奇怪な幻覚をくりかえし見るようになり、薬が手放せない。だが、成長した彼女が故郷にもどったときが、ほんとうの悪夢のはじまりだった…!


 ストーリー的にいうと、いわゆる 「古典の焼きなおし」 なんですが、構成がなかなかよくて楽しめました。厳密にいうとホラーではなく、サイコ・スリラーですね。

 ヒロインのノラ・ゼヘットナー、「ヒーローズ」 というドラマに出演しているそうなんですが、二コール・キッドマン似の美人です。大きな瞳が魅力的で、目で語るタイプといいましょうか。

 鑑賞中に気づいたんですが、彼女はどんなにふいをつかれても、悲鳴をあげないんですね。こうしたヒロインの知的指数と、映画全体を漂うゴシックな雰囲気も、いかにも古典スリラーみたいでドラマチックに進みます。

 クリスティは14才のときに、姉のヴァネッサに大火傷を負わせたうえ、その6ヶ月後に彼女は死んでしまいます。そのことが心の傷となって、神経症に悩まされている。もどかしい思いを絵に託すんですが、なぜか黒一色の、不気味な絵ばかり描いてしまいます。そして故郷にもどって、ヴァネッサの夫ジョンと娘のエミリー、ジョンの母親のミセス・ロークに迎えられると、自分が描いた絵との不思議な共通点に気づいてしまう…

 あっと驚くような仕掛けはないんですが、現実と幻覚いったりきたりして、鍵を手に入れていく過程はおもしろいです。ポイントは、クリスティのこの幻覚がどこからくるかということですね。
エンディング間近で、描写だけでいっきに謎解きをする部分、鮮やかな手並みで、「Ghost Ship」(2002)を思い出してしまいました。必要以上に論理的解釈をつけないところも、スマートです。

 小道具やエピソードも、いかにも古典的。秘密の通路、ボート小屋、古い衣装箱、墓荒らし…

 悲劇のうえに悲劇という、これまたゴシックなテーマなんですが、無理に感傷的になっていないところもいいと思います。こうした良質な作品は、どんどん歓迎されるといいですね。








クリスティ役のノラ・ゼヘットナー。
抑え気味の演技が無口な役に
際立ちます。





ジョン(マシュー・セトル)は、なにか
隠しているようなんですが…





 
気がつけば、会ったこともない
女性の絵を描いてしまいます。






この家には、どんな秘密が
隠されているんでしょう…?







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃