忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Creep



2004)イギリス/ドイツ
出演…フランカ・ポテンテ
ヴァス・ブラックウッド
ジェレミー・シェフィールド
監督…クリストファー・スミス
★★★


〔ストーリー〕
 パーティーをひとり抜けだして、ロンドンの地下鉄チャリング・クロス駅にむかったケイト。しかし、ほろ酔い気分の彼女はホームのベンチでうたた寝してしまい、0:34の最終電車を逃してしまう。
 目覚めるとすでに人影はなく、出口のシャッターも下りていて外に出ることができない。途方にくれたケイトが地下鉄内をさまよい歩いていると、くるはずのない列車がやってくる。彼女は迷わず乗りこむのだが…


 邦題「0:34/レイジ34フン」です。
こちらも、近年のイギリス・ホラー映画のなかで優秀な作品のひとつです。
ロンドンの地下鉄のというのは世界最古だそうで、1863年開通だそうです。ずいぶん歴史のあるものなんですねー。おまけに迷路のように入り組んでまして、ビクトリア朝時代の通路にも繋がっていて、おかしな人が住みついてても不思議はない状況です。じっさい、映画のなかでもホームレスのカップルが住みついてるんですけどね。

 ヒロインのフランカ・ポテンテ、「ラン・ローラ・ラン」(1998)のイメージが強烈でしたけど、本作の彼女は妙に “生身の女” といった印象が強く、わたし的にはそこがたいへんツボでした。サイケなドレスもステキです。

 ホラーのヒロインというと、「セクシーにこわがって悲鳴をあげる」 というパターンが王道ですが、ケイトはそんなタイプではありません。
ものすごーく現実的に考えるし、ものすごーく現実的に行動する。
それでかえってこわさが薄れるかというと、そうでもなく、“ありえそう” な空気を作ることに成功しています。
 
 肝心の殺人鬼がすこしインパクトが弱いようですが、バックグラウンドをそれとなく仄めかすやり方も好みです。謎を謎のままに残しておくというのも、いかにもイギリス人らしいです。なにより、地下鉄の雰囲気がイイ!

 薄暗く、じめじめ~っと湿ったブロック塀や鉄階段、水浸しの通路なんか、肌にじかに伝わってくるようです。ホラー映画って、舞台選びも大事なんですね。

 フランカばかりが生気みなぎっているのにくらべて、ほかのキャラクターたちはずいぶん存在感が薄いところもちょい不満なんですが、この作品が本国で大ヒットした理由がわかります。 
ふだんホラーを観ない人たちにも、この作品は親しまれてるんでしょうね。







「ちょっと待ってよ…どうしてだれ
もいないのよ?」と、無人の構内を
歩きまわって、しだいに不安に
なりはじめるケイト。





 
ホームレスのジミー(ポール・ラットレ
イ)。ペットのわんこがカワイイ。





水の中に沈められた檻に捕まってる
ジョージ(ヴァス・ブラックウッド)。
活躍しそうに見えて、しません(笑)。







追いつめられたケイトは、怪物と
戦うことを決意しますが…!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フランカは長く活躍しそうな女優さんですね。
隣町のヤンキー度の高いレンタル店で
なんかホラーが少ないなあ、と思って
いたら殆どサスペンスとアクションの棚
にありました。ななみ様お薦めの作品も
多数あり、これから観まくりますぜ!
この作品は原題が「這う」でしょうか。
日常の皮一枚向こうに悪夢が拡がる感覚
はラブクラフトにも通じます。
殺人鬼の正体も仄めかすだけで、子供の
ようなカン高い声なのも不気味です。
フランカへのインタビューが良かった。
わざと無垢な美女ではなく嫌な女を演じて
いたんですね。
奈良の亀母 2008/01/03(Thu)20:11:52 編集
亀母さん♪ヤンキー度の高いレンタル
…って、どんなレンタル屋さんですか(笑)?
バイト店員が全員茶髪くんとか?
いいじゃないですか、茶髪くん!
そーゆうコにかぎって、わりと純だったり、親切だったり。
ちなみに、うちの近所のレンタル屋さんは、作品が全部アイウエオ順…
しょっちゅう利用してる身でなんですが、すっごく探しにくいんですけど(苦笑)。
話は変わりますが、フランカ・ポテンテはほんとにいい女優さんだと思います。
ホラーに出演する女優さんて、演技力のまえに、映える人、映えない人っていますもんね。
彼女は確実に、映える人。
ななみ 2008/01/03(Thu)22:35:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃