忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   El Orpanato


2007)メキシコ/スペイン
出演…ぺレン・ルイーダ
フェルナンド・カーヨ
ロジャー・プリン・セプ
監督…フアン・アントニオ・パヨーナ
製作総指揮…ギレルモ・デル・トロ
★★★☆


〔ストーリー〕
 幼少期を孤児院で過ごしたローラは、夫のカルロスと7才の息子シモーネとともに、故郷にもどって孤児院を再建しようとする。だが、孤児院のそばの海岸沿いの洞窟に入ったシモーネが、だれもいない場所にむかって話しかけているのを目撃する。その後も、想像上の目に見えない友人と遊ぶようになるシモーネ。やがて、ローラの周囲でも奇怪な出来事が起こりはじめて…


 スペイン発のゴシック・ホラーです。
ギレルモ製作で、子供が物語の中心とくれば、(ああ)、傑作になりそうな予感…!と、多大な期待をよせながら鑑賞したのですが…
 
 これがまた、
「Changeling」(1980)「The Innocents」「回転」1961)を彷彿させるような、超正統派のゴースト・ストーリーになっていました。
 欧州の映画って、アメリカにはない独特の雰囲気がありますよね。薄暗い、じめついた、湿っぽい感触や温度なんか…( 温度! この感覚は、アメリカ人にはなかなかわからないらしいです)、 これがロケーション、内容ともにぴったりで、なおかつ知的な味わいもあるというスグレモノ。
 
 なにより、この映画の幽霊は非常~に、リアリティがあります。見事な演出と手際のよさに、ひさしぶりに背筋がゾクゾクしてしまいました。
想像上の友人と遊びはじめたシモーネ、はじめは微笑ましいくらいなんですが、だんだん不安になるようになっていきます。そして、パーティーでのある事件…!

 ローラ役のぺレン・ルイーダの悲痛な演技は、見ているこちらまで胸が痛くなってしまいます。  
彼女は数々の怪現象に直面するんですが、それでもシモーネを捜すことをあきらめません。ほんと、「母は強し!」 といった感じです。これには頭が下がる思いでした。

 数々の謎がキレイに解けていく過程はじつにスリリングです。逆に、親切すぎるといってもいいくらいでしょうか。とくに、テープレコーダーやカメラを仕掛けて心霊調査する場面では、説得力がありすぎて目が離せません( …こういうところの描き方も、バカバカしい似非科学になってなくて、ホントにうまいんですよー!)。 それから、「だるまさんが転んだ」のシーンは、とんでもなくオソロシすぎます~!!

 どうやら不可解な現象にたいする能動的な姿勢が、ゴーストの補強にもなっているようです。
そして、ラストで不覚にも涙、涙…
 
 それにしても、この結末はどうなのよう!
「El laberinto del fauno」「パンズ・ラビリンス」2006)では、子供にたいするギレルモの愛情が溢れていたのに、ちょっとばかり観衆サービスしすぎのような…
ストーリー自体は地味なものなんですが、かなりの優秀作でした。







ローラは孤児院を再建する
ために、故郷に帰ってくる
のですが…






海と空だけのなんにもない
風景。こんなところに
孤児院て、欝ですねー。 






 
顔をマスクで隠した
少年の正体は…?






怪現象の謎を解こうとする
調査団のひとり、オーロラ
(ジェラルディン・チャプリン)。



このシーンはほんとうに痛々しくて苦しいです…
ゴースト・ストーリーもさることながら、子供が行方不明になるという
現実的恐怖に敏感な人もいるかも。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ギルレモ監督は押しも押されぬ大人物になって
しまいましたね。「狂気の山脈にて」も楽しみ。
今年の創元文庫の復刊は大当たりで欲しい本ばかり、「怪談の悦び」を早速ゲット!キプリングの「彼等」を読んで永遠の子供たちを思い出しました。
ジェントルゴーストストーリーだけど怖くて切ないという・・・。
奈良の亀母 2010/10/05(Tue)21:01:48 編集
無題
わあ、すみません。
ギルレモじゃなくてギレルモ監督でしたあ!
奈良の亀母 2010/10/05(Tue)21:05:57 編集
『彼等』は傑作
>亀母さん
ギレルモ監督、ほんとにややこしい名前ですよねー、わたしもしょっちゅういろんな方の名前をまちがえてます、すいません~~
『狂気の山脈』は、うーん、すごい挑戦になりそうな予感がします。だって、あの原作を映像化することじたいが、だいぶ無茶なようなー!!コケなきゃいいんですけど…ギレルモ監督、がんばってくださいねー!!
キプリングの『彼等』は、わたしのオールタイム・ベストな短編です。未亡人の超能力を色にたとえるところとか、すごく好きなんです。キプリングはちょうどそのころ、幼子を病気で亡くしていたとか…『怪談の悦び』、ひさしぶりに読みかえしてみたくなりました…♪
亀母さん、傑作アンソロジーをゲットおめでとうございます!!復刊してたなんて知らなかったです。
ななみ 2010/10/07(Thu)00:11:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃