忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Alien


1979)アメリカ
出演…シガニー・ウィーバー
トム・スケリット
ヤフェット・コットー
ハリー・ディーン・スタントン
監督…リドリー・スコット
★★★★☆


〔ストーリー〕
 地球への帰路途中にあった宇宙貨物船 〈ノストロモ号〉 は、謎の救難信号を受けて未知の惑星に降りたつ。そこには異星人の船があり、船内には無数の卵があった。卵から飛びだした奇怪な生物が飛行士のひとり、ケインの顔に貼りつき、意識不明の状態に。ケインを連れて 〈ノストロモ号〉 はふたたび航海につくが、異星人の侵略ははじまっていた…


 もう何度観たかわからない、リドリー・スコットの「エイリアン」です。
じつはわたし、「Aliens」「エイリアン2」1986)のほうが映画としてはおもしろいと思ってます。でも、どちらが好きかといわれると、やっぱりこっちのほうですねー。
本作は、公開当時から非常に話題になりました。

 「未知の侵略者」って、ホラー映画の悪役にちょうどいいんですが(笑)、この作品はこの分野では最強です。てか、敵なんていません。おそらくよほどの技量がないと、この高すぎるハードルは越えられないのではないでしょうか…
 
 言及するのもいまさらなんですが、このハイレベルな作品にひと役買ったのが、スイスのシュールレアリズム・アーティストの、H・R・ギーガー。この人の作品集、一冊持ってます。シュールといっても、悪夢専門ですね。エイリアンのデザインもさることながら、宇宙船内やエイリアンが巣くってる様子なんかも、彼の作品そのままです(←  興味のある方は、ファンサイトなどを覗いてみてください)。
 まったく、すばらしいのひとことにつきますよね!

 一説によると、これは異星人間の “愛” を描いた映画でもあるということです。
ある種族が絶滅の危機に瀕したとき、「種の保存」のためにまったく異なる種と交わろうとするのですが、それははたして本能的なものなのか? …そんな深い意味も隠されているそうです。だから、男性飛行士たちがあっけなく殺されていくのにたいして、女性( とくに、ランバート役のヴェロニカ)は、宙吊りになってなにが起きたかわからないまま、フェイドアウト( …大人の事情ですね~)。
 
 また、いかにも「フェミ二ズム」っぽい内容のさきがけだったりします。物語の大半、リプリーは男顔負けで大活躍するのに、ラストではビキニパンツ一枚という無防備をさらけだす。たいして、肝心の男性群(とくに、ブレット←  いかにもイギリス人な名前にも注目!)は、猫なんか追いかけててやられちゃう。

 でも、そんなむずかしいことを考えなくても十二分に楽しめる大傑作です。
はたして、この作品を越える新たなSFホラーはあらわれるのでしょう… か…?










謎の救難信号につられて、
奇怪な宇宙船に入りこんで
しまいます。







ぎゃあ~っっ!!
思いっきりしがみつかれてます!







お腹の中からオギャーッ!と、登場。
(このシーン、
食事中なんですよね…「オエ…!!」







男勝りの活躍をする
リプリー隊員。
セックスアピールはあまり
ありません。 




このシーン、すっごくグロテスクでカッチョイイ!!
ギーガーの作品て、ほんとこんな感じばっかりなんですよ。
ちょっと(…というか、もろ)エロもあったりしてね








PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
エイリアン
私も2作目よりホラー色の強い1作目がすきですね。ノストロモ号の雰囲気もかなり不気味です。
チェスト・バスターはトラウマになってしまいました。
元ねたとも言われるマリオ・バーヴァの「バンパイアの惑星」もついでに見てみると面白いですよ。
クロケット 2007/12/15(Sat)21:27:27 編集
勉強になります♪クロケットさん♪
元ネタがあったとは知りませんでした…!
ぜひぜひ、チェックしてみます~。
チェスト・バスターの登場シーン、わたしは最初テレビの吹き替えで観たんですが、あとで字幕で観たときに驚愕した憶えがあります。
だって、切迫感や臨場感がぜんぜんちがってましたからね。たしかにあのシーンはトラウマものだと思います。
ななみ 2007/12/16(Sun)23:08:02 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Fragile  | HOME |  Beneath >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃