忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    『死者の書』

原題 『The Land Of Laughs』
1980
ジョナサン・キャロル:著
浅羽芙子:訳
創元推理文庫


〔ストーリー〕
 高校教師のトビィは、のみの市で知りあった風変わりな女性・サクソニーと恋に堕ちる。ふたりが共通して熱心なファンである童話作家・故マーシャル・フランスの故郷ゲイレンを訪ねようと、休暇をとって旅に出ることにする。だが、ふたりはまだ知らなかった。その町は、けして足を踏み入れてはならない場所だったのだ…!


 ストーリー紹介に、とてもホラーな書き方をしてしまいましたが、これはホラーではありません… いえ、れっきとしたホラーです。出版元を見ると、推理文庫から出ていますね。なるほど、ミステリ要素もたっぷりです… それに、ファンタジーな部分もあります。ファンタジーといっても、かなりダークですけどね。いいえ、それ以上に、“ジョナサン・キャロル的” としかいえないような、特異な世界観を紡ぎだしている、おそるべき処女作でもあります。

 近ごろ観念的になりすぎて、読者には伝わりにくい “アチラの世界” にいってしまわれたのでないかと、もっぱら噂されていましたが… またすこしずつ(?)もどってきてくれているような、ジョナサン・キャロル。
経歴も顔写真もなにやらナゾめいている方ですが、この処女作にかぎっていえば、

 こ~んなすごい人がいていいの!!

 …というくらい、たまげてしまった作品です。オソロシイです。読後、キングが興奮のあまりファンレターを書いてしまったというのも、超有名なお話です。

 キャロルの小説の魅力は、登場人物たちの織り成す会話や、ウィットあふれるエピソード、ときに知的すぎる作者の薀蓄にあるわけですが、全体的なトーンはとても無邪気。それでいて、不気味。
この、「無邪気」で「不気味」という対極の魅力を持つ世界観というものを、読んだことがない方にど~う説明したらいいのやら…!!

 物語の冒頭そうそう、不思議設定にびっくりしてしまいます。トビィは高校教師なんですが、亡き父親は超有名俳優でした。その影響もあってか、小学生のころから精神科に通っていました… !
トビィは見てくれも悪くないので、簡単に女子を自宅に連れ帰ることができるんですが、壁一面に飾ったマスクを気味悪がられて、結局うまくいきません…

 …とまあ、こんな日常が淡々とつづくんですが、なぜかこうしたユーモア(?)あふれるエピソードが重なるうちに、不穏で不気味な空気も増していく。コワい、これが異常なほど、コワいんです! まさしく、特異な才能だと思います。真似しようとしても、たぶん、だれもできないんじゃないでしょうか… ??

 また、すぐれているのは人物描写だけではなく、ストーリーの細部にまで神経がいきわたっています。物語の重要な役割を果たす童話作家・マーシャル・フランスなんて、訳者さんはあまりの緻密な情報量に、実在する人物かと思って探しちゃったんだとか…
この作家さんの特色をほかのものにたとえるとしたら… “ものすごく繊細なレース” のよう。それも、凡人には理解できない複雑な方法で編んだ感じです。

 ラストの一文に衝撃を受けてしまったわたしは、なかなかこの魔力から抜け出すことができませんでした。
なお、『月の骨』『炎の眠り』『空に浮かぶ子供』 の三部作もオススメです。
とんでもなくオソロシくて、カッコイイ。
まだ読んだことがないという方は、ぜひ!!




 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
キャロル登場!
「無邪気」で「不気味」そう、そうなんです。
キングやクーンツとは違う。繊細なクロシェレース
の文様に見とれていると、それが不気味な意味
を持っているのに気付くような。
大変静かに淡々とした始まりから、いつのまにか
引き返せなくなっているんですよね。
最近の「パニックの手」の「おやおや町」が
一番好きです。
奈良の亀母 2008/03/10(Mon)21:31:18 編集
亀母さん♪
こんばんは~。
引き返せなくなっている、って気づいたときが、いちばんこわいんですよね。
キャロルの不気味さは、うーん、独特すぎて、ほかにたとえようがないかもしれません。
『パニックの手』は、ハズレなしの傑作短編集ですよね!(わたしは「細部の悲しさ」なんかも好きです♪)
邦訳2冊目の『われらが影の声』、トイレのシーンが激トラウマになっています…。。。
ななみ 2008/03/10(Mon)23:04:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Angel Heart  | HOME |  La Terza Madre >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃