忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [76]  [75]  [74]  [73
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Whisper



2007)アメリカ
出演…ジョシュ・ホロウェイ
ブレイク・ウッドラフ
サラ・ウェイン・キャリーズ
監督…スチュワート・ヘンドラー
★★☆


〔ストーリー〕
 マックスは婚約者・ロクサーヌとともに人生を再出発にするために、銀行から金を借りようとするが、前科があるので断られる。切羽つまった彼は、知人のヴィンスとシドニーの四人で誘拐を企てる。誘拐のお膳立てをするのは、姿を見せない謎の電話の声の主。手引き通りにサンタの格好で目星をつけた家に入りこみ、8才の少年デイヴィットを誘拐する。しかし、デイヴィットはただの子供ではなかった…


 トレイラーで、「あ、これは…!」と、なかなか期待させてくれたのですが、蓋を開けてみればありがちなサスペンスでした。
それで、なんでわざわざレビューするかっていうと、よかったのが役者さん。
「LOST」 のジョシュ・ホロウェイではありませんよ。
ましてや、「プリズン・ブレイク」 のサラ・ウェイン・キャリーズでもありません。
デイヴィット役のブレイク・ウッドラフくん、この子がすごい存在感なんです!

 “悪魔の子”テーマも、ホラー映画には欠かせない要素のひとつですね。
まっさきに思いつくのが、「The Omen」「オーメン」1976)、ジョディ・フォスターの 「The Little Girl Who Lives Down The Lane 」「白い家の少女」1976)、古典では 「The Bad Seed」「悪い種子」1956)でしょうか。

 この悪魔の子、なにが大事かって、肝心の子役に魅力がなくてはいけません。
本作の子役には、それが十分あるんですねー。
ツンとすました美少年顔で、天才的な記憶力と絵の才能を発揮して、誘拐犯たちを巧みに破滅に陥れていく。
大袈裟なアクションがないにもかかわらず、表情のひとつひとつに魅了されてしまいます。
 
 子役がここまで光ってるんだから、大人だってがんばらなくちゃね!
ジョシュ・ホロウェイも、けして悪くないですよ。
脇を固めるジョエル・エジャートン(ヴィンス役)とマイケル・ルーカー(シドニー役)が、物語に重厚を持たせています。

 はじめにありがちと書きましたが、ドラマはしっかり作られているので、ラストまで見飽きることがありません。
ショッキングシーンはどこかで見たようなものばかり… ですが、スリラーのツボを押さえているので、安心して最後までつきあうことができます。
ただ、派手なものを期待すると、ガッカリするでしょうが…









(左から)ヴィンス、マックス、ロク
サーヌの三人は、子供をトランクに
入れてロッジにたどりつくが…







デイヴィットは記憶能力にすぐれ、
犯人たちの姿を写真のように絵に
描いてしまいます。






 
狼を使って、
人を襲わすこともできます。



8才の少年に振りまわされちゃう、ジョシュ・ホロウェイ。
うしろに立ってますよ~。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃