忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  The Butterfly Effect


2003)アメリカ
出演…アシュトン・カッチャー
エイミー・スマート
ウィリアム・リー・スコット
監督…エリック・ブレス
ラッキー・J・ブラザー
★★★★


〔ストーリー〕
 幼いころからたびたび記憶に空白のあるエヴァンは、治療のために日記をつけはじめる。13才のころ、幼馴染みのケリーたちといたずらで大事故を起こしてしまうが、そのときの記憶もなかった。やがてエヴァンは引っ越すことになり、ケリーに「迎えにくる」と約束して別れる。
 数年が経ち、大学生になったエヴァンは、ごくふつうの生活を送っていた。だが、むかしの日記を見つけたことから、不思議なことが起こりはじめ…


 「バタフライ・エフェクト」です。
この作品のアイデアをなにかの記事で読んだとき、ひどく気に入ったのを憶えています。タイトルもイイですよねー。まさしく期待通りの傑作でした! 「着想の勝利」を絵に描いたような作品です。

 タイムリープものもホラーには欠かせない要素ですが、料理の仕方が非常にスマートですね。最初からルールはなにもないんですが、無理なく話に頭入できるような自然な展開になってます。

 “過去を変えるたびに破滅する” というアイデアが、とにかく結末まで目が離せないです。ちょっと修正→ 「どかん!」 もうちょっと修正 →「さらにどかん!」 という不幸のくりかえしって、だんだん快感になってくるから不思議です…  悲惨な結末の永遠のメビウスって、人を惹きつける暗い魅力があるんでしょうか? 
 
 主役のエヴァンを演じるアシュトン・カッチャー、じゅうぶんセクシーで魅力的なんですが、ケリー役のエイミー・スマートの七変化には目を見はります。ハッピーなときはとてもキュート だし、不幸なときはほんとに人生のどん底… といった感じで、とてもおなじ人には見えません。

 当然修正結果はほかの人にも響きますから、脇役陣の変化を見るのも楽しいです。「ああ、つぎはこうきたか!」 と、意表を突かれるのもまた、余興。個人的には、エヴァンのルームメイトが大変身していたときには笑っちゃいました。

 巧みに張られた伏線が収束するあたりは、パズルのピースが埋まっていくようで気持ちいいです。エンディングでオアシスが流れるところが、いくぶん狙いすぎ(?)のようにも感じるんですが、これくらい王道を突き通してくれると、かえって堂々としていてすばらしいですね。

 基本ラブストーリーなんですが、ホント、せつなくて胸がキュンキュンしまくっちゃう映画です。









「そういえば、こんなことあった
なあ…!」と、過去の日記を
読みかえしだすと…






 
(左から)少年時代のエ
ヴァン、ケリー、レニー、
ケリーの兄のトミー。







もっと幼いころのエヴァン。
ブラックアウトもひんぱんに
起きてしまいます。








どうやっても、ケリーを幸せに
することができないエヴァンは…







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
バタフライ・エフェクト
私の大好きな映画です。とても切ないけど、最高なラストです。
同じく切ないタイムスリップものでは「ある日どこかで」と「タイムマシン」(60年代のオリジナルも好きですが・・)も好きな作品です。
クロケット 2007/12/10(Mon)23:22:35 編集
クロケットさん♪
ほんと、せつないけどステキなラストでしたよね~。特典映像に余計なものが入ってましたが、これ以外のラストは考えられません!
「ある日どこかで」は、マシスンが原作の映画ですね。
「タイムマシン」もいい映画でした。
ごく最近、「デ・ジャヴ」という作品を観たんですが、これもよかったです♪
タイムスリップものというと、どうしても悲劇的要素が絡んでしまうようですね。
ななみ 2007/12/12(Wed)20:37:01 編集
無題
ラブストーリーが苦手でこの作品を観たことが
なかったのですが、深夜放映していたので録画
してみました。ハッピーエンドでヒロインと熱いキス
を交わしてエンドという映画とは真逆でした。
劇場版とディレクターズカット版ではラストが違うんですね。ヒロインや周りの人たちのために自己犠牲を
払うエヴァン・・・。音楽も良かったです。
奈良の亀母 2010/01/25(Mon)19:15:02 編集
蝶の羽ばたきが嵐を起こす
>亀母さん
これ、ほんとにいい映画ですよね!
続編がつくられた理由もよくわかります。
タイトルもアイデアもいいと思いますー。
ハッピーエンドじゃないけれど、このせつなさがいいんですよ~
ディレクターズカットは、見ちゃいけないというアレですね?わたし、ぜったいあのラスト以外考えられないんですけど!!
ななみ 2010/01/26(Tue)20:52:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< It  | HOME |  Necronomicon >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃