忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[498]  [497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Needle


(2010)オーストラリア
出演…マイケル・ドーマン
トラヴィス・フィムネル
ターニャ・トッツィ
監督…ジョン・V・ソート
★★★


〔ストーリー〕
 ある晩、電話の最中にひとりの男性が苦しみながら絶命する。
 それから十年後。
大学に通うベンのもとに、父の遺品だといってアンティークの箱が届けられる。ベンは箱を持てあまして、学生寮のベッドの下に隠してしまう。その夜、仲間たちとパーティーで盛りあがったのだが… 記念撮影した直後に、おそろしい事件が起きようとは夢にも思わなかった!!!


 マイケル・ドーマン目当てで観はじめたんですが、わりとしっかりした作りでおもしろかったです。
またしてもオーストラリア映画。まあ、ありきたりな内容ながら、基準値には達しているんじゃないでしょうか。

 オージー・ホラーって、どーもファンタジー系が多いみたいです。
この作品もそんな内容。そつなく作ってあって、起承転結もしっかりしててよいんですけど、もうちょっと勢いがほしかったかなー、といった感じ。でも、一般的なホラーファンには楽しめそうです。

 大学生のベン(マイケル・ドーマン)のもとに、父の弁護士だった男性から遺品の箱が届けられます。この箱、アンティークらしく、ちょうどノートパソコンサイズのわりとしっかりした箱。透かし模様が入っていてきれいです。でも、なんに使うの? 上の面にはスライドできる箇所があって、そこをひらくと中央に穴の空いた写真のようなものが?

 で、ベンは男の子なのでこんなものに興味はなく、ベッドの下に入れて忘れてしまう。その夜は、仲間たちとパーティー騒ぎがあって、友人のジェッド(カーン・チッテンデン)、コローナー(ジョン・ジャラット)、ガールフレンドのメアリー(ターニャ・トッツィ)、レズビアン・カップルのイザベル(トリビイ・グローバー)とキャンディ(ジェシカ・マリーズ)といった面々で、楽しく酒を飲みながら写真を撮ると。

 そこへ、ベンの部屋のドアをノックする人物が。刑事になった兄のマーカス(トラヴィス・フィムネル)でした。

 ネタばらししてしまうと、ベンがうけとった箱は18世紀の邪悪な力によって生みだされた、殺人機械だったのですね。そして、パーティーのあった晩にその箱を盗まれてしまう。
 翌日から、ベンの仲間がひとり、またひとりと殺害されていく…  という連続殺人もの。そんで、箱を盗んで悪用している犯人はだーれだ? 的なサスペンスです。

 最初っから、カッコイイ系の子が殺されちゃうんでちょっとガッカリ。
しっかりした作りでよいんですけど、これもテーマ的にはちょっと古いかなー、という内容ですよね。こういう似非科学、オカルティックな映画って、80、90年代くらいに量産されてたような~

 それに、ストーリー、展開ともに真新しいとこはないので、せめてゴアゴアだったらおもしろかったのにー、なんて思っちゃいました。
全体的にフツーなホラーなので、どっか突出してないと、ファンの心をなかなかつかめないものです。

 せっかく殺人マシーンを出したのなら、ド派手なシーンがいっぱいあれば盛りあがったのに!!!
…というのは、まったくの私的な意見なのです、すいません。

 そしてラスト、犯人は意外や意外、あの人です… って、これもホラーをたくさん観ている人なら、ある程度予想がついちゃいますかね?
でも、ハズレ作品ではないのですよー 念のため。







冒頭、突然
苦しみながら死ぬ男性!!






主人公のベン。
(マイケル・ドーマン)






GFのメアリー。
(ターニャ・トッツィ)





兄のマーカスは、
不可解な殺人に
疑念をおぼえはじめ…






ぎゃー!!!
またしても犠牲者が!!







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ヘルレイザーのパズルボックスみたいのですか?
ご無沙汰してます。
80年代の匂いがするんですね。
似非科学はどれだけ気持ちよく我々を騙して
納得させてくれるか、です。自分は半村良先生
とか諸星大二郎先生が大好きで、膨大な古代史
の薀蓄にうっとりしている内に作品世界に引き込まれております。伝説シリーズ、最高です。
婚活詐欺で何人もの男性を虜にしてお金を引っぱった女性はムラサキイトハユリの粉を自慢の料理に
入れていたんやないかしら、と「英雄伝説」を読んで
思いました。文春にミステリーベスト10が載っていましたが、自分にはどれも合いませんでした。
歳をとったせいかしら。昔の文庫本の方が面白いです。
奈良の亀母 2010/12/08(Wed)16:05:08 編集
どっちかというと土着的
>亀母さん
こちらこそ、ご無沙汰しておりました!
見た目はヘルレイザーっぽいんですけど、中身はベタベタな黒魔術です。蝋人形に針をブスッとな~!!みたいな感じです。
半村良さんはわたしもときどき読んでいます。『石の血脈』でしたっけ?おもしろかったですねー。
諸星大二郎さんの漫画は、いつもブクオフで発見しては購入に迷っています。なんだか独特の不思議世界観がありますよね。
ムラサキイトハユリ、わたしもほしい!!そういえば、結婚相手をつぎつぎ毒殺する女性の短編(タイトルは失念しました、すいません)の毒薬もあったら便利~、なんちゃって。
むかしの文庫がおもしろい、というのはわたしもなんとなくわかります。とくに、邦人作家の作風にはなかなかついていけません。やっぱり世代間ってあるんでしょうかね…?がんばって読んでいるんですけど。
ななみ 2010/12/11(Sat)20:06:06 編集
お久しぶりです。
こんばんわです。
奈良の亀母さん、こちらにもいらっしゃってる・・・。

あの、この前まで受験生だったんですが、推薦試験で合格しまして・・・・・。それでチャット会でも開催しようと思ったので、お誘い申し上げたいです。

12月の17日(金曜日)、18日(土曜日) 24日(金曜日)、25日(土曜日)のいずれかの八時半のいずれかです。
都合のよい日があれば仰ってくださいね。
茶栗鼠 URL 2010/12/14(Tue)00:22:12 編集
♪♪おめでとうございます!!
>茶栗鼠さん
そうだったのですかー、ほんとにおめでとうございます!!
いやいやー、これはとにかくめでたい!!桜咲くですね!!
茶栗鼠さんもやっとひと段落ついて、これから好きなだけ映画を観れますね~、わたしもうれしいです!!
チャット会、おもしろそうですねー、
わたしはいつでもかまいませんのですよ、といいますか、年末はいつも忙しい状態なのでして、どうにか時間をとって伺わせていただきます。
でも、ちょびっと心配ごとも。(以前アガサさんのところのチャット会に参加したところ、途中で眠くなって脱落してしまいました…!!)
たぶん、映画好きの方々がたくさん集まるかと思いますので、楽しみにしています♪♪
ななみ 2010/12/15(Wed)19:50:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< あうう…  | HOME |  Chatroom >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃