忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Chatroom



(2010)イギリス
出演…アーロン・ジョンソン
イモージェン・プーツ
マシュー・ビアード
監督…中田秀夫
★★☆


〔ストーリー〕
 ウィリアムが開設したチャットルームに同世代の若者たちが集まるようになり、美人のエヴァ、気弱なジム、エミリー、モーといった顔見知り同士で親睦を深めていく。
 最初は和気あいあいとした雰囲気だったが、それぞれの秘密を打ちあけるにつれて、それまで抱えてきた不満や鬱憤を現実のものに変えてしまう彼ら。それに、ネット世界はけして楽しいだけの世界ではなかったのだが…


 うーん、どうしようかな~ と迷って、結局レビューしておきます。
あの「リング」(1998)「仄暗い水の底から」(2002)の中田秀夫監督の新作映画です。中田監督、最近もめきめきと活躍されてますよね!

 まず、感想からいっちゃうと、これが十年前の作品だったらけっこうおもしろかったのかもー、なんちゃって。

 チャットルームというアイデアはよいのですがねー、うーむ、しかし、いまさらチャットなんて。。。やってる人いるんですか? というのは、まったくの偏見ですよね、すいません。

 内容的にいうと、ネット世界に耽溺する行き場のない十代の若者たちのいろんな葛藤とか、悩みとか、不満とか、うんぬん。
 ポスターから、すっごいこわい内容かな? とか思っちゃうんですけど、いたってフツーのドラマです。ドラマの出来もまあまあでして、ラストはそれなりに盛りあがります。
でも、やっぱり全体的に古いんですよー、ひーん、勝手なこと書いてごめんなさい。

 ストーリーは、ウィリアム青年(アーロン・ジョンソン)がチャットルームを開設するところからはじまります。ウィリアムがなんでネットおたくになっちゃったかというと、家は裕福なんですけど、家族とうまくいってない。「ネットばかりやってる子→ 暗い・友だちすくない」 この図式からして、すごく日本的なんですが。海外でもほんとにこんな感じなんですか? これにも違和感をおぼえてしまいました。

 ウィリアムのチャットルームに集まってきたのは、エヴァ(イモージェン・プーツ)、ジム(マシュー・ビアード)、エミリー(ハンナ・モーレイ)にモー(ダニエル・カルヤ)。

 彼らは常連さんとなって、みんなで仲よくなっていきます。とくに、孤独で病弱なジムは大切な仲間を得た! みたいな感じになって、どんどんこのチャットに依存するようになる。
 それから、個人的な秘密を打ち明けるうちに、彼らの抑制や理性のたががはずれてしまい、それまで思いもしなかった行動をとるようになってしまう…

 チャットというアイデアはよしとしても、このチャットルームの描き方がいたって凡庸なのですよー。
長い通路にいろんな部屋があって、ここに入ってみると、あ、こんなサイトだったり、こんな掲示板があったり… などと、一応ネット世界を視覚的に描こうとはしているんですが。

 でも、わたしたちがふだん使っているネット世界って、けしてこんな単純なものじゃないハズー!!
申しわけないんですが、ほんと、一四、五年前くらいのネット世界観、なんですよ~

 それに、ネットで知りあった人に本名や素性を素直に打ち明けちゃう人なんて、まずいないと思います。だから、チャットルームと現実世界とで、それぞれ役者さんをわけてくれるとよかったんですけど。。。って、これだと混乱しちゃいますかね? なにぶん素人意見なのですいません。

 ただ、お話的にはよく作られていて、そこらのホラー(厳密にはスリラーですけど)よりは知的でおもしろいです。わたしはラストがとくによいかなと思いました。

 けどねえ。若者たちの仮想世界と現実世界を描こうと思ったら、もっと混沌としていて、気持ち悪くて、痛い内容でもいいはず。
アイデアは知的でも、脚本がいまいちついていけなかったみたい~、そんな作品でした。次回作に期待します。今度はもっとホラーがいいな










主人公の
ウィリアム少年。










チャットルームに5人の
若者が集まるようになり…









彼らはだんだん
仲よくなっていきます。









とくべつな仲間意識も
芽生えていきます。







モーはウィリアムの
危険性に気づきはじめて??







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃