忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

       The Manitou


1978)アメリカ
出演…スーザン・ストラスバーグ
トニー・カーティス
ステラ・スティーブンス
監督…ウィリアム・ガードラー
★★☆


〔ストーリー〕
 サンフランシスコの病院に、首のうしろに腫瘍のようなものができたカレンという患者がやってきた。医師が切開手術をしようとすると、霊的な力によって阻まれる。
 元恋人で心霊研究家のハリーは、祈祷師を呼んでカレンにとり憑いた悪霊を払おうとした。すると、部屋には強風が吹き荒れ、不気味なインディアンの首が浮かびあがり… 

 
 「マニトウ」とは、ネイティブ・アメリカンの言葉で霊のこと。
 「Abby」(1974)(元ネタは「エクソシスト」(1973))、「Grizzry」(1976)「ジョーズ」(1975)のパクリ)といった二番煎じ映画ばかりを撮ってきた、ウィリアム・ガードラーの遺作です。
そのうえグレアム・マスタートン原作と聞いては、もう無視するわけにはいきません。

 まず、アイデアがとんでもなく奇抜ですねー!!
この原作を真面目に映画にしようと考えたウィリアム・ガードラー、エライ!
 
 四百年前に死んだネイティブ・アメリカンの呪術師〈ミスカマカス〉と、現代のネイティブ・アメリカンの呪術師の霊力バトルというは、その後のオカルト映画にもよく見られるパターンですが、
それでも勝てないと知ったとき、
「そうだ、〈ミスカマカス〉を破るには、もう現代科学の霊しか残ってない!」
って、コンピューターの霊と対決させる。

 なんですか、コンピューターの霊って!

 このコンピューターの霊というのが、すっごい強力でして、
悪霊の降臨によって異次元空間に突入した病室内で、電撃攻撃発射しまくり!

 このように、あまりのバカバカしさとアッパレな底抜けパワーに、手に汗握る娯楽作品となってます。
監督はこの後、次回作のロケ中にヘリコプターの事故で亡くなってしまいました。
享年三十歳。
 もっとバカ映画撮ってほしかったなー!



 





すんごい顔に
なっちゃってますが…!




頼もしそうに見えて、
意外とあきらめの早い
呪術師ジョン。
「…くそう、
どんな精霊を使っても、
ヤツには勝てない!」







〈ミスカマカス〉、やりたい放題。
極寒世界にしちゃったり。





ついに最終決戦!
不思議空間と化した病室で、
前代未聞のサイキック・バトル
がはじまります!
 







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
映画のチラシが怖かった映画・・
呪術師ジョンなかなかいい味です。コンピュータの霊と戦う「メテオ」+B級SF風レーザーが飛び交うシーンは圧巻です。
クロケット 2008/02/28(Thu)23:35:09 編集
スーザンの顔がこわいです
あまりの子供っぽさに、なぜかこちらが恥ずかしくなりながら(?)鑑賞した映画です。
原作者の方も大好きなんですよ~。
「メテオ」は隕石映画だと思ってたんですけど、やっぱり観たほうがいい作品ですか?
ななみ 2008/02/29(Fri)23:10:21 編集
無題
四半世紀前にテレビで途中までみたドラマが忘れられず探していたらここに来ました。多分これだと思うのですが、できものがどんどん大きくなって中から悪魔?が出てきそう、というところでテレビを消されてものすごく気になっていたのですが、この後コンピュータの霊と戦うと聞いて、うん十年怖がっていたのがバカバカしくなりました。
すー 2010/02/20(Sat)20:29:25 編集
無題
四半世紀前にテレビで途中までみたドラマが忘れられず探していたらここに来ました。多分これだと思うのですが、できものがどんどん大きくなって中から悪魔?が出てきそう、というところでテレビを消されてものすごく気になっていたのですが、この後コンピュータの霊と戦うと聞いて、うん十年怖がっていたのがバカバカしくなりました。
すー 2010/02/20(Sat)20:30:06 編集
すーさん♪
初コメどうもありがとうございます!!
これ、おもしろいですよね。
原作者さんも変わっているといいますか、変わった内容の本ばかり書いている方です。
ばかばかしい(?)んですけど、妙に盛りあがる映画です。
結末までご覧になってない?それは残念!!
なにかの拍子で、Gyaoなどで配信されるかもしれません。ぜひすーさんにもご覧になっていただきたいです。
できものはほんとこわかったですよね~

あと、黒字でも反転すれば読めるのでだいじょうぶですよ!
まぎらわしい背景色にしちゃったので、よくまちがわれる方がいるんです、ごめんなさい♪
ななみ 2010/02/21(Sun)22:41:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Strange Circus  | HOME |  The Legacy >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃