忍者ブログ
個人的にグッときたホラー映画(べつの意味でグッときたホラー映画も)なんかや、 小説のレビューなどをポツポツと…
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  『フィーヴァードリーム』

原題 「Fever Dream
1982
ジョージ・R・R・マーティン:著
増田まもる:訳
創元推理文庫

〔ストーリー〕
 事故で持ち船を失った船長のアブナーのもとに、ミシシッピ川を船旅したいという美青年、ジョシュア・ヨークがあらわれる。彼はそうとうな資産家らしく、報酬も法外で、壮麗な蒸気船〈フィーヴァードリーム号〉を用意していた。ジョシュアの素性や動機を不審に思うものの、〈フィーヴァードリーム号〉にすっかり魅せられたアブナーは、その申し出を承諾してしまう。だが、彼はまだ知らなかった。ジョシュアの正体も、ほんとうの目的も…


 ジョージ・R・R・マーティンの 『フィーヴァードリーム』 です。
上下2巻にわかれてまして、けっこう読みごたえのある内容なんですが、これがまた、燃えるんですねえ~!!

 ようは 「吸血鬼もの」 なんですが、この作家さん、〈ナイトヴィジョン・シリーズ〉(…あらかじめ決められた枚数内で、好きなものを書いていいっていうシリーズです)なんかでも、『皮剥ぎ人』 (文庫本のタイトルは『スニーカー』で、S・キングのクレジットになってます)なんて中編を書いてます。こちらはなんと、「狼男もの」。これがまた、突出した出来でサイコーにおもしろいんです~!
 
 古典作品をほどよく原題風にアレンジして、なおかつ、登場人物が魅力的 エンタテイメント性もかなりのレヴェルの高さです。本作品も、ただのヴァンパイアものではないですよ。

 1950年代のアメリカを舞台に、ミシシッピ川を蒸気船に乗って旅する美形吸血鬼と無骨な船長アブナーの物語。まるで 『トム・ソーヤーの冒険』 のような、爽やかでワクワクする冒険譚と、男と男の友情がメインとなっています。

 ジョシュアなんですが、名前からもわかるとおり(← キリストをもじってます)、善玉の吸血鬼です。自分で作った血のワインを持って、ほかの吸血鬼たちを呼びよせようとします。ミシシッピ川を下るのはそのためなんですね。てっとり早く同類を見つけようという手段なんです。彼は過去の苦い経験から、人間を襲わなくても生きていけるんだと、自らをして証明しています。
 
 これに対抗するのが、ダモン・ジュリアン(← 悪魔っぽい名前ですね)。極上の美人奴隷をわざわざ高額で買いとって、愉しみながら餌食にするという、とんでもない吸血鬼です。もちろん、ジョシュアとは正反対の堕落的タイプ。
 
 とにかく、アブナー・マシューの存在がイイです。ちょっと古いタイプの男性なんですが、不恰好で不細工なくせに、とんでもなく魅力的で愛らしい! 気にいっているセリフのひとつに、「あんなでぶで、いぼだらけのヤツはほかにいない!」なんて、いわれ
ちゃうシーンがあります。アブナーはそんなふうに、気取らない感じの男なんですね。こんな人、大スキー!!

 だから当然、ジョシュアとも仲よしになっちゃいます。男の中の男マシューに、高潔なヴァンパイアも惚れちゃうんですね
でも、ふたりは吸血鬼とフツーの人間。そこにはけして越えられない壁があって、当然切ない宿命も待ちかまえているのです…

 ラストはかなりジーンときて、盛りあがっちゃいます。まだ読んだことがないという方、ぜひぜひ、盛りあがっちゃってみては!






     

PR

  クリスマスに少女は還る』



原題:『Judas Child』
1998
キャロル・オコンネル:著
務台夏子:訳
(創元推理文庫)


〔ストーリー〕
 クリスマスを目前に控えた町から、ふたりの少女が姿を消した。誘拐か? 十五年前に双子の妹を殺された刑事ルージュの脳裡に、悪夢が甦る。そんなとき、顔に傷痕のある謎の女があらわれた。「わたしはあなたの過去を知っている…」
 一方、監禁された少女たちは、力をあわせて脱出のチャンスをうかがっていた…

 
 ひさびさに熱くなった大傑作です!
 
 この作家、以前から名前は聞いていたのですが、シリーズものなのでなかなか手が出せずにいました。
で、これが初の単発もの、ブレイクのきっかけになった作品だそうです。
素直に納得。だって、すんごいおもしろいんだもの
 
 見た目けっこうぶ厚めですが、これがサラサラ読めちゃう。
描写もちょうどいい感じ。
しつこくもなく、かといって、簡素でもなく。
  
 たぶん映像化したら、陳腐なものになってしまうようなお話です。
プロットと結末に賛否が集中しちゃうのかも…
しかしなんといっても、個々のキャラクターの魅力こそがこの物語の要。
 
 主人公はホラー好きの少女、サディー。
ホラー映画のタイトルやキャストなんかそらでいえるし、新しいお客さんが家にきたときには、ゴム製の目玉を使って自分の目をフォークで突き刺す演技をしてから、それを口に入れてクチャクチャ噛んでみたり…!
血まみれの矢を胸に当てて死んだフリして、警察が出動する騒ぎになったり…!
 
 どうです? これだけでももう、興味が湧いてきたでしょ?
 
 ジャンルでいうと、サイコ・ミステリーとヒロイン・ファンタジーといったとこでしょうか。
とことん甘い、下手するとロマンチックで感傷的な筆に思うぞんぶん酔うことができます。
 あなたが物語好きなら、そして、なによりワクワクすることが大好きなら、つきあってみる価値は大いにアリ!!






  

<< 前のページ  | HOME | 
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(いちおう)プロフィールです
HN:
ななみといいます
性別:
女性
自己紹介:

 独断と偏見で、ホラー関係(広い意味でのホラーですので、SFやファンタジーなんかもやってます)のレビューを書いてます。コメント大歓迎です。新情報や、こんなのもあるよ!って情報などなど、寄せてくれるとありがたいです。

〈好きかも♪〉
 おにぎり、猫たん、ジャック・ホワイト、ブクオフ、固いパン、高いところ、広いところ、すっげー大きな建造物、ダムとか工場とか、毛玉とり、いい匂い…

〈苦手かも…〉
 かます、説明書、道案内、カマドウマ、狭いところ、壁がすんごい目の前とか、渋滞、数字の暗記、人ごみを横切る、魚の三枚おろし…
ねこじかんです

ホームページ制作浮気調査ホームページ制作会社 東京浮気調査ホームページ制作 千葉ホームページ制作ブログパーツ 動物

最新CM

[03/28 PatlealaRag]
[02/29 あぐもん]
[02/29 あぐまn]
[01/11 わかりません]
[01/01 クロケット]
[10/23 ナマニク]
[10/23 ナマニク]
[10/20 nasu]
[10/17 奈良の亀母]
[10/16 ななみ]
気になる新作!

*A Lonely Place to Die

*Super 8

*Insidious

*The Woman

*Rammbock

*Season of the Wich

*Red Rising

*The Violent Kind

*Red White & Blue

*11-11-11

*The Feed

*Nang Phee

*Scream of the Banshee

*Dylan Dog: Dead of the Night

*Misteri Hantu Selular

*The Silent House

*Who Are You

*I Didn't Come Here to Die

*Famine

*I'm not Jesus Mommy

*Monster Brawl

*Some Guy Who kills People

*Falling Skies

*The Wicker Tree

*Hisss

*ChromSkull: Laid to RestⅡ

*Father's Day

*Drive Angry

*Fertile Ground

*Wake Wood

*Mientras Duermes

*Hobo with a Shotgun

*Atrocious

*KaraK

*Penunggu Istana

*Borre

*The Broken Imago

*Madison Country

*Viy

*Jenglot Pantai Selatan/Beach Creature

*Urban Explorer

*Los Infectados

*Isolation

*2002 Unborn Child

*The Pack

*El Incidente

*Rat Scratch Fever

*4bia
最新記事

(10/16)
(10/11)
(10/07)
(10/04)
(10/01)
(09/30)
(09/29)
(07/17)
(06/29)
(06/19)
ブログ内検索

みなさまの足跡
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

Graphics by Lame Tea / designed by 26℃